Top > Search of Japanese Patents > MODEL ANIMAL FOR EVALUATING MIGRATION, DIFFERENTIATION AND PROLIFERATION OF BONE MARROW CELL AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME ANIMAL

MODEL ANIMAL FOR EVALUATING MIGRATION, DIFFERENTIATION AND PROLIFERATION OF BONE MARROW CELL AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME ANIMAL meetings

Patent code P04A006209
File No. 01A05028
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2001-271240
Publication number P2003-070377A
Patent number P4997377
Date of filing Sep 7, 2001
Date of publication of application Mar 11, 2003
Date of registration May 25, 2012
Inventor
  • (In Japanese)寺井 崇二
  • (In Japanese)沖田 極
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title MODEL ANIMAL FOR EVALUATING MIGRATION, DIFFERENTIATION AND PROLIFERATION OF BONE MARROW CELL AND METHOD FOR UTILIZING THE SAME ANIMAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a model animal for evaluating migration, differentiation and proliferation of bone marrow cell and particularly develop the model animal for evaluating migration, differentiation and proliferation by using GFP (green fluorescent protein) transgenic mouse expressing GFP which is a fluorescence- labeled protein.
SOLUTION: In the model having persistent hepatopathy which is a representative example of the model of the present invention, migration and fixation of GFP positive cell derived from the administered bone marrow cell into the liver and differentiation and proliferation to a liver stem cell, a liver cell and a bile duct cell can be confirmed. As a result, it is supposed that analysis of the model is useful for elucidating differentiation control mechanism to the liver cell and the bile duct cell by the bone marrow cell in future. The model is in vivo model which is most directly connected to development of future treatment differently from the model which is reported in the past.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヒトや動物の体内には、幹細胞( stem cell )と呼ばれる未分化な細胞の存在が知られている。この幹細胞は細胞分化の能力を有しており、種々の分化細胞に発達して行く可能性を秘めている。一例として肝幹細胞を取り上げると、この肝幹細胞は肝臓細胞、胆管細胞、膵臓細胞および小腸細胞に分化する細胞と考えられており、将来の再生医療、再生医学のためのドナー細胞群として有用と考えられる。



肝幹細胞は肝臓のへリング管( canals of Hering )および骨髄に存在すると考えられてきた。骨髄に肝幹細胞が存在するという根拠は、実験的に高度の肝障害を起こしてやると、骨髄から肝細胞を生じるという事実に基づいている。最近になって骨髄から誘導された細胞が肝細胞に分化することが示された。それは、放射線照射により雌のマウスの全骨髄を破壊し、次に同種・同系の雄のマウスより採取した骨髄細胞を、雌のマウスに移植してやると、その後、成熟肝細胞中に、移植された雄の染色体であるY染色体を持つ骨髄細胞に由来する細胞の存在が示されたという、実験事実によるものである( Theise ND et al.: Hepatology 2000; 31(1): 235-240 )。この結果は、骨髄細胞からの種々の臓器、器官、組織の再生を期待させるものである。そこで本発明者らは鋭意努力し、骨髄移植よりも簡便な方法で骨髄細胞の遊走・分化・増殖を行わせることが可能であり、より簡単な方法で骨髄細胞の遊走・分化・増殖をモニターできる分化評価モデル動物の開発に至った。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、骨髄細胞の遊走・分化・増殖を、イン ビボ( in vivo )にて評価できるモデル動物およびその利用法に関する。特に本発明は、骨髄細胞からの肝細胞、胆管細胞、膵臓細胞、大腸・小腸細胞などへの遊走・分化・増殖を評価するイン ビボ評価モデルに関する。



Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
遺伝子レベルで標識されている骨髄細胞を、同種同系の致死量放射線照射されていない持続性肝障害モデル動物の末梢血管から投与し、前記投与後も持続性肝障害を継続させることによって作製された、骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。

【請求項2】
 
動物が齧歯類である請求項1に記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。

【請求項3】
 
動物がマウスである請求項1または2に記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。

【請求項4】
 
骨髄細胞が蛍光タンパク質で標識されている請求項1から3のいずれかに記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。

【請求項5】
 
請求項1から4のいずれかに記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物を用いて、骨髄細胞の肝細胞、胆管細胞への遊走・分化・増殖に作用する薬物のスクリーニングを行うことを特徴とするスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001271240thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close