Top > Search of Japanese Patents > GENERATION LIMIT LINE OF SEDIMENT DISASTER, SETTING METHOD OF EVACUATION REFERENCE LINE AND WARNING REFERENCE LINE AND ITS PROGRAM, AND WARNING EVACUATION ASSISTING SYSTEM USING GENERATION LIMIT LINE, EVACUATION REFERENCE LINE, AND WARNING REFERENCE LINE

GENERATION LIMIT LINE OF SEDIMENT DISASTER, SETTING METHOD OF EVACUATION REFERENCE LINE AND WARNING REFERENCE LINE AND ITS PROGRAM, AND WARNING EVACUATION ASSISTING SYSTEM USING GENERATION LIMIT LINE, EVACUATION REFERENCE LINE, AND WARNING REFERENCE LINE achieved

Patent code P04A006213
File No. 01A06040
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2001-382949
Publication number P2003-184098A
Patent number P3380871
Date of filing Dec 17, 2001
Date of publication of application Jul 3, 2003
Date of registration Dec 20, 2002
Inventor
  • (In Japanese)古川 浩平
  • (In Japanese)倉本 和正
Applicant
  • (In Japanese)有限会社 山口ティー・エル・オー
Title GENERATION LIMIT LINE OF SEDIMENT DISASTER, SETTING METHOD OF EVACUATION REFERENCE LINE AND WARNING REFERENCE LINE AND ITS PROGRAM, AND WARNING EVACUATION ASSISTING SYSTEM USING GENERATION LIMIT LINE, EVACUATION REFERENCE LINE, AND WARNING REFERENCE LINE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method by which a non-linear generation limit line of a warning sediment disaster for each slope face or torrent, an evacuation reference line, and a warning reference line can be accurately and easily set and also to provide a warning evacuation assisting system using a program for executing the method, a non-linear generation limit line of sediment disaster for each slope face or each torrent, an evacuation reference line, and a warning reference line.
SOLUTION: The warning evacuation assisting system is provided with a process computing a latent dangerousness of generation of sediment disaster, a process for classifying slope faces or torrents into groups, a process for computing the average value of latent dangerousness of the plurality of groups, and a process for computing the weight of a connection line of the intermediate layer and the output layer by using a neural network regarding the judgement boundary face expressing generating dangerousness of sediment disaster at every classified group to establish the non-linear generation limit of sediment disaster of each slope face or torrent, the evacuation reference line, and the warming reference line.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


自然現象の中でも土砂災害(土石流、がけ崩れ、地すべり)は、毎年、全国各地で発生しており、尊い人命が失われ、貴重な財産が破壊されている。これは、我が国の国土の約7割が山地で地質的にも脆弱な地域が多く、急峻な地形が多い等の地理的条件、都市化の進展による山麓部の土砂災害危険地域への人口増加等の社会的条件、更には土砂災害の誘因となる台風や梅雨等の集中豪雨に見舞われ易いといった気象的条件によるものであり、土砂災害は、我が国における宿命的な自然災害の一つとなっている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、土砂災害の発生限界線、避難基準線、警戒基準線の設定方法に係わり、特に、個々の斜面あるいは個々の渓流に対する土砂災害の非線形の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法とそのプログラム及びその発生限界線、避難基準線及び警戒基準線を用いた警戒避難支援システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
個々の斜面に対しては斜面要因によりあるいは個々の渓流に対しては渓流要因により評価する土砂災害発生の潜在危険度を演算する工程と、この演算によって得られた潜在危険度の数値の大小に基づき前記個々の斜面あるいは個々の渓流を複数のグループに分類する工程と、この複数のグループの各々に含まれる斜面あるいは渓流の潜在危険度の平均値を演算する工程と、該分類されたグループ毎に降雨要因をパラメータとした土砂災害の発生危険度を表す判別境界面について入力層と中間層と出力層を備えるニューラルネットワークを用いて前記中間層と出力層の結線の重みを演算する工程と、この中間層と出力層の結線の重みと前記グループ毎の潜在危険度の平均値の関係を降雨要因をパラメータとして関数で近似する工程と、該近似された関数の変数に前記個々の斜面あるいは個々の渓流の潜在危険度を代入して個々の斜面あるいは個々の渓流の重みを演算する工程と、この個々の斜面あるいは個々の渓流の重みを使用して個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面を演算する工程と、該演算された個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面の所定の等高線に対応する個々の斜面あるいは個々の渓流の土砂災害の非線形の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の少なくともいずれかを設定する工程とを有することを特徴とする土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項2】
 
コンピュータに個々の斜面に対しては斜面要因によりあるいは個々の渓流に対しては渓流要因により評価する土砂災害発生の潜在危険度を演算する工程と、この演算によって得られた潜在危険度の数値の大小に基づき前記個々の斜面あるいは個々の渓流を複数のグループに分類する工程と、この複数のグループの各々に含まれる斜面あるいは渓流の潜在危険度の平均値を演算する工程と、該分類されたグループ毎に降雨要因をパラメータとした土砂災害の発生危険度を表す判別境界面について入力層と中間層と出力層を備えるニューラルネットワークを用いて前記中間層と出力層の結線の重みを演算する工程と、この中間層と出力層の結線の重みと前記グループ毎の潜在危険度の平均値の関係を降雨要因をパラメータとして関数で近似する工程と、該近似された関数の変数に前記個々の斜面あるいは個々の渓流の潜在危険度を代入して個々の斜面あるいは個々の渓流の重みを演算する工程と、この個々の斜面あるいは個々の渓流の重みを使用して個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面を演算する工程と、該演算された個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面の所定の等高線に対応する個々の斜面あるいは個々の渓流の土砂災害の非線形の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の少なくともいずれかを設定する工程とを実行させることを特徴とする土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定プログラム。

【請求項3】
 
前記ニューラルネットワークにおける中間層と出力層の結線の重みと前記グループ毎の潜在危険度の平均値の関係を降雨要因をパラメータとして関数で近似する工程における該関数近似は、直線近似であることを特徴とする請求項1に記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項4】
 
前記潜在危険度に基づき分類するグループ数は、5グループであることを特徴とする請求項1又は請求項3に記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項5】
 
前記ニューラルネットワークは、放射状基底関数(RBF)を用いるRBFネットワークであることを特徴とする請求項1、請求項3又は請求項4に記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項6】
 
前記放射状基底関数は、ガウス関数であることを特徴とする請求項5に記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項7】
 
前記潜在危険度は、点数制を用いて評価した潜在危険度であって、斜面要因毎あるいは渓流要因毎にカテゴリー別の土砂災害発生率を算出し、その発生率を該カテゴリーの設定点数とし、斜面要因毎あるいは渓流要因毎の点数を加算した潜在危険度であることを特徴とする請求項1、請求項3乃至請求項6のいずれかに記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項8】
 
前記グループ毎の判別境界面と前記個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面は、直近の一時間雨量と半減期を72時間とした実効雨量とを前記降雨要因のパラメータとして表した判別境界面であることを特徴とする請求項1、請求項3乃至請求項7のいずれかに記載の土砂災害の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の設定方法。

【請求項9】
 
請求項1に記載された方法で設定された個々の斜面あるいは個々の渓流の土砂災害の非線形の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の少なくともいずれかを用いたことを特徴とする警戒避難支援システム。

【請求項10】
 
請求項1に記載された方法で設定された個々の斜面あるいは個々の渓流の判別境界面と、その判別境界面を用いて設定された非線形の発生限界線、避難基準線及び警戒基準線の少なくともいずれかを有し、個々の斜面あるいは個々の渓流の土砂災害発生危険度判定結果の色表示、スネーク曲線の表示、避難場所情報の表示、被害想定の表示、被害情報の入力と集計、予測雨量に対する予測土砂災害発生危険度判定結果の表示の機能を有することを特徴とする請求項9に記載の警戒避難支援システム。

【請求項11】
 
地理情報システム(GIS)を用いたことを特徴とする請求項9又は請求項10に記載の警戒避難支援システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09815_05SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close