Top > Search of Japanese Patents > SEA AREA ENVIRONMENT CLEANING EQUIPMENT BY MARINE ORGANISM

SEA AREA ENVIRONMENT CLEANING EQUIPMENT BY MARINE ORGANISM

Patent code P04A006244
File No. TUK20000087
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2000-160952
Publication number P2001-340884A
Patent number P3438026
Date of filing May 30, 2000
Date of publication of application Dec 11, 2001
Date of registration Jun 13, 2003
Inventor
  • (In Japanese)村上 仁士
  • (In Japanese)水口 裕之
  • (In Japanese)上月 康則
  • (In Japanese)池田 秀文
  • (In Japanese)川崎 範夫
  • (In Japanese)湯浅 喜雄
  • (In Japanese)藤本 光明
  • (In Japanese)朝信 英明
  • (In Japanese)仁木 秀典
  • (In Japanese)犬丸 潤
Applicant
  • (In Japanese)国土交通省四国地方整備局長
  • (In Japanese)国立大学法人徳島大学
Title SEA AREA ENVIRONMENT CLEANING EQUIPMENT BY MARINE ORGANISM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To effectively reduce pollutants and effectively carry sediment as a part of the organism body outside the system, thereby repairing a matter cycle system, cleaning the sea, and preserving the sea area environment.
SOLUTION: In sea area environment cleaning equipment by marine organisms, a pair of vertical walls 3 arranged apart from each other, or an offshore structure 2 and the vertical wall 3 are mounted on a foundation 1 disposed on the sea bottom. An organism's habitat 6 is installed between the air of the vertical walls 3 or between the offshore structure 2 and the vertical wall 3. The height of either or both of the vertical walls is set between the water surface level at high tide and the water surface level at low tide. At high tide, the upper end of the vertical wall 3 in the sea area environment cleaning equipment becomes below the sea surface, and sea water flows over the vertical wall 3 to flow into the organism's habitat 6. At low tide, the vertical wall 3 protrudes upward from the sea surface to insulate the organism's habitat 6 from the outside.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

良好な環境の海では、河川等から流入する窒素やリンが植物プランクトンに摂取され、これが動物に摂餌される。また、死滅したものは、細菌に分解されると共に、海底に堆積する。これは底生生物によって摂餌、さらに、底生生物も大型の動物に摂餌されて系外に運び出される。このように多様性が維持された環境では、物質の循環が滞りなく行われており、水質も良好な状態にある。海域環境浄化とは、多様な生物による滞りのない物質循環という観点を基本にして行われる。
しかしながら、富栄養化した海域の特長は、多量に流入した窒素、リン成分が植物プランクトンに摂取されて、これが異常に増殖する。このとき、溶存態有機物が生産される一方で、死滅、堆積して底層部が貧酸素状態となる。この結果、底生生物が貧弱になる。このような系では、海底への物質の堆積傾向が卓越し、生物による堆積物の循環や系外への運び出し作用は小さくなる。したがって、このような問題の解決には汚濁物質の削減を基本に、堆積物の系外への運び出しといった物質循環系の修復が必要となる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、主として海洋構造物に構築されて海水を浄化する装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
海底に所定の高さに基礎(1)を設け、この基礎(1)の上に互いに離して一対の垂直壁(3)を配設し、垂直壁(3)の間に生物生息場(6)を設けており、片方または両方の垂直壁(3)の高さを、満潮時と干潮時の水面レベルの間に設定しており、
満潮時には垂直壁(3)の上端が海面下に位置して生物生息場(6)に海水が流入し、干潮時に海面よりも上方に突出するようにしており、
さらに、基礎(1)の上に、防波堤、護岸、岸壁のいずれかである海洋構造物(2)と一対の垂直壁(3)とを構築して、垂直壁(3)と海洋構造物(2)との間に微生物領域(4)を設けており、この微生物領域(4)に微生物担体(5)を充填して、微生物担体(5)に生息する微生物が海水を浄化するようにしており、
さらにまた、海洋構造物(2)は、垂直壁(3)の上方まで延長される水平部(2A)を有し、この水平部(2A)と垂直壁(3)との間に、微生物を生息できる微生物生息体(8)を配設している海洋生物による海域環境浄化施設。

【請求項2】
 
海底に所定の高さに基礎(1)を設けて、この基礎(1)の上に、防波堤、護岸、岸壁のいずれかである海洋構造物(2)と垂直壁(3)とを互いに離して配設して、海洋構造物(2)と垂直壁(3)との間に生物生息場(6)を設けており、垂直壁(3)の高さを、満潮時と干潮時の水面レベルの間に設定しており、
満潮時には垂直壁(3)の上端が海面下に位置して生物生息場(6)に海水が流入し、干潮時に海面よりも上方に突出するようにしており、
さらに、海洋構造物(2)が垂直壁(3)の上方まで延長される水平部(2A)を有し、この水平部(2A)と垂直壁(3)との間に、微生物を生息できる微生物生息体(8)を配設している海洋生物による海域環境浄化施設。

【請求項3】
 
生物生息場(6)の底に通水性のある多孔質層(7)を設けており、この多孔質層(7)は垂直壁(3)の下方まで延長しており、干潮時に、生物生息場(6)の水が多孔質層(7)を通過して外部に排出されるようにしてなる請求項1または2に記載の海洋生物による海域環境浄化施設。

【請求項4】
 
多孔質層(7)を、微生物領域(4)の底から生物生息場(6)の底まで延長して設けている請求項1に記載の海洋生物による海域環境浄化施設。

【請求項5】
 
垂直壁(3)が、通水性のあるポーラスコンクリートである請求項1又は2に記載される海洋生物による海域環境浄化施設。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000160952thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close