Top > Search of Japanese Patents > JET ENGINE FOR SUPERSONIC AIRCRAFT

JET ENGINE FOR SUPERSONIC AIRCRAFT

Patent code P04A006903
File No. KN000470
Posted date Mar 18, 2005
Application number P1999-319389
Publication number P2001-132541A
Patent number P3120113
Date of filing Nov 10, 1999
Date of publication of application May 15, 2001
Date of registration Oct 20, 2000
Inventor
  • (In Japanese)二村 尚夫
  • (In Japanese)田口 秀之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
Title JET ENGINE FOR SUPERSONIC AIRCRAFT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a jet engine for a supersonic aircraft capable of flying with supersonic speed while suppressing noise generated in taking-off at a low level, and capable of realizing high combustion efficiency.
SOLUTION: A device is composed of a fore placed engine 2 consisting of a turbo fan engine, and an aft placed engine 4 consisting of a turbo fan or a turbo jet disposed backward the fore placed engine, bypass air of the fore placed engine 2 is boosted up by the aft placed engine 4 at the time of supersonic speed flight, and its temperature is raised so as to obtain large driving force. In taking-off, the bypass air is exhausted without boosting up and raising its temperature, and thereby, the taking-off can be operated with low noise.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


超音速で飛行する航空機において、エンジンは離陸時や超音速飛行時に大推力を得るため、排気ガスを高温、高速にする必要がある。しかるに通常のターボジェットでは、タービン入口温度の制限から超音速飛行に必要な排気ガス温度を得ることができなかった。
この目的で、アフターバーナー付ターボジェットエンジンおよびアフターバーナー付ターボファンエンジンが実用化されている。しかしながら、これらのアフターバーナー付エンジンの場合は、特に離陸時の排気ガス速度が高速なためエンジンの発生する騒音が過大である欠点がある。
このため、離陸時騒音を小さくしながら超音速飛行時に高い排気ガス温度を得るため、エンジン内にバイパス比を変える等の可変機構を組み込んだエンジンが提案され、研究されているが、未だ充分な成果を得ていない。また、米国特許第3,841,091号においては、ターボジェットを前後に2基連接して、空気通路を切換えてバイパス空気を一基のターボジェットに送り込む様にしたものが提案されているが、軽量、小型化を可能にするには到っていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、高速航空機用ジェットエンジン、特に超音速又は亜音速で飛行する航空機の推進用に適するジェットエンジンに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ターボファンエンジンからなる前置エンジンと、該前置エンジンの後方に配置された少なくとも1台の後置ターボファンエンジンもしくはターボジェットエンジンからなる後置エンジンとからなり、該後置エンジンが前記前置エンジンのバイパス空気を取り込むバイパス空気取込状態、または外部空気を直接取り込む外部空気取込状態の何れかに切替え可能な取入空気切替手段を有し、該取入空気切替手段が、前記後置エンジンを前記前置エンジンの軸心回りに90°回転可能に配置して、前記前置エンジンのバイパス空気を取り込むバイパス空気取込状態の第1位置と、該第1位置から90°回転して外部空気を取り込む外部空気取込状態の第2位置の何れかに切替える回転手段からなることを特徴とする高速航空機用ジェットエンジン。

【請求項2】
 
ターボファンエンジンからなる前置エンジンと、該前置エンジンの後方に配置された少なくとも1台の後置ターボファンエンジンもしくはターボジェットエンジンからなる後置エンジンとからなり、該後置エンジンが前記前置エンジンのバイパス空気を取り込むバイパス空気取込状態、または外部空気を直接取り込む外部空気取込状態の何れかに切替え可能な取入空気切替手段を有し、前記取入空気切替手段が、前記後置エンジンを前記前置エンジンの前面投影面積外に変位させる後置エンジン変位手段からなり、該後置エンジン変位手段が前記後置エンジンを前記前置エンジンの前面投影面積外に移動させることにより、該後置エンジンが外部から空気を取り込み、前記前置エンジンと合わせてエンジンの空気流量を増加させて推進力を得ることを特徴とする高速航空機用ジェットエンジン。

【請求項3】
 
ターボファンエンジンからなる前置エンジンと、該前置エンジンの後方に配置された少なくとも1台の後置ターボファンエンジンもしくはターボジェットエンジンからなる後置エンジンとからなり、該後置エンジンが前記前置エンジンのバイパス空気を取り込むバイパス空気取込状態、または外部空気を直接取り込む外部空気取込状態の何れかに切替え可能な取入空気切替手段を有し、前記取入空気切替手段が、前記前置エンジンを後置エンジンの前面投影面積外に移動させる前置エンジン変位手段からなり、該前置エンジン変位手段が前記前置エンジンを前記後置エンジンの前面投影面積外に移動させることにより、該後置エンジンが外部から空気を取り込み、前記前置エンジンと合わせてエンジンの排気を増加させて推進力を得ることを特徴とする請求項2記載のジェットエンジン。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999319389thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close