Top > Search of Japanese Patents > AIRSHIP

AIRSHIP

Patent code P04A006904
File No. KN000471
Posted date Mar 18, 2005
Application number P1999-320162
Publication number P2001-130493A
Patent number P3362018
Date of filing Nov 10, 1999
Date of publication of application May 15, 2001
Date of registration Oct 18, 2002
Inventor
  • (In Japanese)横幕 良生
  • (In Japanese)江口 邦久
  • (In Japanese)鈴木 弘一
  • (In Japanese)松崎 義郎
  • (In Japanese)吉田 俊之
  • (In Japanese)大垣 正信
  • (In Japanese)佐々木 嘉隆
  • (In Japanese)前畑 貴芳
Applicant
  • (In Japanese)川崎重工業株式会社
  • (In Japanese)国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
Title AIRSHIP
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an airship capable of increasing flight altitude largely more than that of a conventional airship.
SOLUTION: This airship 10 is formed in a double film structure capable of storing a plurality of gas bags 12 in a skin 20. Gaseous helium is stored in the gas bags 12, and the plurality of gas bags are installed in the axial direction of a body 11. On the body 11, balloonets 13 and 14 are installed at the front and rear sides thereof. Also, blowers 15 and 16 for discharging the air layer between the body 11 and the gas bags 12 to the outside or sucking the outside air and an internal pressure regulating means 18 having a natural discharge port are installed on the body 11. A pressure difference between the inside and outside of the ship is regulated by the internal pressure regulating means 18, and the posture of the body 11 is controlled by the balloonets 13 and 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


図9は、従来の飛行船1の構成を示す断面図である。飛行船1は、機体7の外皮2内に浮揚ガスとしてヘリウムガスを収容している。また、機体7の前後には、機体7の内圧および重量バランスを調整するため、空気を吸排、保持するバロネット(空気嚢)3,4が設けられる。各バロネット3,4には吸排気用のブロア5,6が取付けられる。
地上に比べて上空では気圧が低くなるため、飛行船1が上昇すると浮揚ガスであるヘリウムガスが膨張するので、外皮2中の内圧を一定に保持するために、バロネット3,4は、地上では外気を吸引して膨張し、上空では空気を排出して収縮させる。また、飛行船1の前後姿勢(ピッチ角)制御は前後のバロネット3,4に保持する空気の量を調整することによって行う。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、飛行船に関し、特に高高度を飛行する飛行船に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
骨格構造が可撓性を有する外皮によって覆われた擬似軟式構造の機体11を有する飛行船において、
空気が充満する外皮中に、浮揚ガスを収容するガス嚢が複数収容され、
前記外皮とガス嚢との間の空間の空気を排出、または外気を前記空間に吸引して機内圧力を調整する内圧調整手段を有し、
機体11の骨格構造21は、機体下部で機軸方向に延びて内胴を構成するキール構造23を有し、
複数の各ガス嚢は、機体11の機軸方向に沿って配置され、
各ガス嚢のうち、前後のガス嚢12a,12bの間の中間部の各ガス嚢12cは、吊下げ手段30によってそれぞれキール構造23に連結され、
各吊下げ手段30は、
中間部の各ガス嚢12cの上面を周方向に半周覆うネット31と、
中間部の各ガス嚢12cの前面および後面を覆って設けられ、ネット31の前後両端部に連結されるカーテン32と、
上方に放射状に広がり、カーテン32に連結される放射状ロープ33と、
放射状ロープ33の中心とキール構造23とを結合する結合ロープ34とを有することを特徴とする飛行船。

【請求項2】
 
骨格構造が可撓性を有する外皮によって覆われた擬似軟式構造の機体11を有する飛行船において、
空気が充満する外皮中に、浮揚ガスを収容するガス嚢が複数収容され、
前記外皮とガス嚢との間の空間の空気を排出、または外気を前記空間に吸引して機内圧力を調整することによって、内外差圧が30~70mmAq程度に保たれるように制御する内圧調整手段を有し、
機体11の骨格構造21は、
前胴を構成する機首構造22と、
機体下部で機軸方向に延びて内胴を構成し、前端部に機首構造22が連結されるキール構造23と、
後胴を構成し、キール構造23の後端部に連結される船尾構造24とで、構成され、
複数の各ガス嚢は、機体11の機軸方向に沿って配置され、
各ガス嚢のうち、最前部のガス嚢12aは、機首構造22内に収容され、
最後部のガス嚢12bは、船尾構造24内に収容され、
最前部のガス嚢12aと、最後部のガス嚢12bとの間の中間部の各ガス嚢12cは、吊下げ手段30によってそれぞれキール構造23に連結され、
各吊下げ手段30は、
中間部の各ガス嚢12cの上面を周方向に半周覆うネット31と、
中間部の各ガス嚢12cの前面および後面を覆って設けられ、ネット31の前後両端部に連結されるカーテン32と、
上方に放射状に広がり、カーテン32に連結される放射状ロープ33と、
放射状ロープ33の中心とキール構造23とを結合する結合ロープ34とを有し、
空気を吸排および保持する空気嚢が機体11の下部の前後にそれぞれ設けられ、これらの空気嚢によって機体11の前後の姿勢を調整することを特徴とする飛行船。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999320162thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close