Top > Search of Japanese Patents > HIGHLY FUNCTIONAL PRESSURE-SENSITIVE PAINT AND ELEMENT

HIGHLY FUNCTIONAL PRESSURE-SENSITIVE PAINT AND ELEMENT

Patent code P04A006909
File No. KN000482
Posted date Mar 18, 2005
Application number P2000-061625
Publication number P2001-249076A
Patent number P3380894
Date of filing Mar 7, 2000
Date of publication of application Sep 14, 2001
Date of registration Dec 20, 2002
Inventor
  • (In Japanese)浅井 圭介
  • (In Japanese)大倉 一郎
  • (In Japanese)西出 宏之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
Title HIGHLY FUNCTIONAL PRESSURE-SENSITIVE PAINT AND ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a highly functional pressure-sensitive paint capable of easily forming an oxygen sensitive film regardless of the material of a specimen while having rapid response against fluctuations in pressure and high oxygen sensitivity not lowered even by the temperature of liquid nitrogen.
SOLUTION: By using poly (TMSP) as a binder of a light exciting substance, a paint mixed with the light exciting substance becomes the extremely excellent highly functional pressure-sensitive paint which has both of high pressure sensitivity and low temperature sensitivity by the high oxygen transmissivity of the binder and does not lose oxygen sensitivity even at the temperature of liquid nitrogen and has good response against fluctuations in pressure and can be subjected to spray coating and can be applied regardless of the material and shape of a specimen.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、酸素センサーとして知られている酸素感応塗料は、酸素消光性を有する光励起物質を、塩化ビニル、ポリスチレン等の酸素透過性樹脂に溶かしたものであった。この塗料を母材に塗布して酸素センサーとするが、この塗料を用いたセンサーにおいては、光励起物質と酸素の接触は樹脂内の酸素の拡散現象に依存するため、酸素感度が温度に依存したり、圧力変動に対する時間応答性が悪いという問題があった。また、低温においては、樹脂の酸素透過性が低下するため、感度が極めて小さくなり、高層大気環境での微量酸素検出、物体表面での微小圧力測定や低温風洞での供試体の表面の圧力分布測定等に利用することは出来なかった。
このため、本発明者は、先に光励起物質を樹脂中に分散させるのではなく、直接に酸素に接触させるため、センサー母材表面に多孔質膜を形成し、この多孔質膜中に直接光励起物質を吸着保持する方法と、この方法を用いて作成したセンサーを提案した(特開平11-37944号)。この方法によるセンサーは、高い感度を有し、低温での感度の低下も少ない極めて優れたものではあったが、多孔質膜の形成に適したセンサー母材が限られること、多孔質膜に光励起物質を吸着させる操作が、どのような供試体においても容易であるとは云えないことなどの問題も残されていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、高い圧力感度を持つ酸素濃度測定用の高機能感圧塗料および素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光励起物質とバインダを溶剤を用いて混合した塗布式の酸素濃度測定用の感圧塗料において、バインダとしてポリ[1-(トリメチルシリル)-1-プロピン](以下poly(TMSP)と表記する。)を用い、前記溶剤としてトルエンを用いたことを特徴とする酸素濃度測定用の高機能感圧塗料。

【請求項2】
 
上記光励起物質は、発光色素であることを特徴とする請求項1の酸素濃度測定用の高機能感圧塗料

【請求項3】
 
上記請求項1あるいは請求項2の感圧塗料を基板上に塗布し固化させたものであることを特徴とする酸素濃度測定用の高機能感圧素子
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000061625thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close