Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND SYSTEM FOR IN VIVO INSPECTION OF FLESH QUALITY OF FAT STOCK

METHOD AND SYSTEM FOR IN VIVO INSPECTION OF FLESH QUALITY OF FAT STOCK

Patent code P05A006957
File No. NIRS-146
Posted date Apr 8, 2005
Application number P2003-049454
Publication number P2004-257880A
Patent number P4122427
Date of filing Feb 26, 2003
Date of publication of application Sep 16, 2004
Date of registration May 16, 2008
Inventor
  • (In Japanese)池平 博夫
  • (In Japanese)八巻 邦次
  • (In Japanese)吉留 英二
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title METHOD AND SYSTEM FOR IN VIVO INSPECTION OF FLESH QUALITY OF FAT STOCK
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a non-destructive inspection method of flesh quality, which can maintain and foster stock species with good quality in thremmatology and contributes to imaging diagnoses for managing health of stocks, by evaluating the flesh quality of the stock alive, which is not slaughtered.
SOLUTION: In the method, the stock whose flesh quality is measured, is moved into a magnetic field, and a probe is installed on or set near the stock, and imaging and measuring NMR spectra are carried out for test sections in a stationary state, and then imaging information being measured and spectral analyses are carried out, and images and spectral data are displayed on a monitor, and the flesh quality is determined by a determining means working with above analyzing means.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


食肉用家畜は肉質検査を目視による検査員の主観的判定によっているが、目視法は枝肉処理した後に行うため、家畜は屠殺しなければならない。



このような、屠殺検査方法は確実正確ではあるが、良質な肉質の家畜の種を保存改良するという育種学的には非常な不利益を生じている。そのため、目視法に変わる非破壊検査法の開発が非常に望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は食肉用家畜の肉質の生体検査方法および装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
肉質が測定される家畜を磁場内に移動させ、プローブを該家畜に装填もしくは近接状態とし、静止時に検査部位である背部についてMRIのMR画像およびNMRスペクトルの計測を行い、計測された情報の画像化および解析手段によりスペクトル解析を行い、モニター上に画像およびスペクトルデータを表示し、解析手段に連動した判定手段により脂肪交雑状態を判定することを特徴とする食肉用家畜の肉質の生体検査方法。

【請求項2】
 
磁場を形成するマグネットは、そのマグネットフレームは少なくとも下方がクリアになっている請求項1記載の生体検査方法。

【請求項3】
 
マグネットが、少なくとも家畜の背部を含む領域をイメージング可能である請求項2記載の生体検査方法。

【請求項4】
 
マグネットフレームは、上方から懸垂、地面から支える形の逆U字型、または家畜の両側面もしくは片側面に対設する形状のいずれかである請求項2記載の生体検査方法。

【請求項5】
 
プローブが、マグネットフレームへ固定されている請求項2記載の生体検査方法。

【請求項6】
 
コイルを配設した非磁性材料の布あるいは袋状のプローブを検査部位に接離可能に設け、プローブの検査部位への押接に流体圧を利用する請求項1記載の生体検査方法。

【請求項7】
 
磁場内を通過する通路もしくはコンベアと、磁場内で家畜を制止させるシャッターとを設けることで、撮像中に家畜を静止させる構造を有する請求項1記載の生体検査方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003049454thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close