Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING INCIDENT LOCATION

METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING INCIDENT LOCATION

Patent code P05A006962
File No. NIRS-168
Posted date Apr 8, 2005
Application number P2003-052652
Publication number P2004-264078A
Patent number P4178232
Date of filing Feb 28, 2003
Date of publication of application Sep 24, 2004
Date of registration Sep 5, 2008
Inventor
  • (In Japanese)高橋 浩之
  • (In Japanese)村山 秀雄
  • (In Japanese)石津 崇章
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING INCIDENT LOCATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To speedily detect the location of the center of gravity of an event incident over a plurality of detection cells by a simple constitution.
SOLUTION: A pulse P of a narrow width having a wave height according to the level of an input signal of each detection cell is generated according to the input signal. The pulse is inputted to a location of a resistance ladder 34 corresponding to a channel to which the signal is inputted and in which all the channels are serially connected. On the basis of output generated at both ends of the resistance ladder, the location of the center of gravity of the event is detected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、ASIC等を用いた放射線検出器用フロントエンドエレクトロニクスで多数のピクセルを扱う場合には、低計数率用のチップでは、単にピクセル毎の信号を記録・保持し、後から読みにいくので問題はないが、一方、高計数率で動作させる場合には、同時に発生するイベントを抑制するために、図1に示す如く、例えばアンプ12を介して入力される放射線検出器(例えばシンチレータ)10からの信号を、プライオリティエンコーダ14を用いて処理し、入射したピクセルの番号Nをデジタル値として出力することが一般に行なわれている。



従来は、主に検出器や回路等のハードウェアの制限から、ピクセルサイズをあまり小さくとることができず、個別の信号の読み取りを行なっても、イベントが1つのピクセル内に収まることが多く、このような方式で間に合う場合が多かった。



しかしながら、最近、高分解能化の流れから、検出器10内で生じたイベントを、より詳細に観察するために、図2に示す如く、ピクセルのサイズをイベントにより生じた荷電粒子や光の拡がりよりも小さくとる、オーバーサンプリングの手法が行なわれつつある。更には、このようなオーバーサンプリングにより、2次元位置に対して3次元情報を投影する等、高位な情報を含ませることも行なわれつつある(特許文献1、2参照)。



このような構成をとると、放射線等が1つのピクセル内のみで反応して信号を出力する場合だけでなく、図3に例示する如く、多数のピクセルが一つのイベントに対して略同時に反応する場合が出てくる。



【特許文献1】
特開平11-142523号公報
【特許文献2】
特開平11-142524号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、複数の検出セルに跨って入力するイベントの重心位置を検出するための入射位置検出装置に係り、特に、イベントにより生じた荷電粒子や光の拡がりよりもピクセルのサイズを小さくとるオーバーサンプリングの手法を用いて放射線や光を検出する際に用いるのに好適な、入射位置検出装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の検出セルに跨って入射するイベントの重心位置を検出するための入射位置検出装置であって、
各検出セルの入力信号のレベルを弁別するための波高弁別手段と、
弁別されたレベルに応じた波高を有する所定のパルスを発生するエンコーダと、
信号が入力したチャネルに対応する位置に該パルスが入力される抵抗ラダーと、
該抵抗ラダーの両端に接続された読取手段とを備え、
該読取手段の出力の大きさを比較してイベントの重心位置を検出することを特徴とする入射位置検出装置。

【請求項2】
 
前記波高弁別手段が、複数の閾値を持つディスクリミネータである請求項1に記載の入射位置検出装置。

【請求項3】
 
前記抵抗ラダーが複数直列接続されている請求項1又は2に記載の入射位置検出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003052652thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close