Top > Search of Japanese Patents > AMPHIBIOUS SHIP

AMPHIBIOUS SHIP

Patent code P05P002902
Posted date Apr 8, 2005
Application number P2003-288973
Publication number P2005-053434A
Patent number P4078421
Date of filing Aug 7, 2003
Date of publication of application Mar 3, 2005
Date of registration Feb 15, 2008
Inventor
  • (In Japanese)齊藤 公男
  • (In Japanese)信川 寿
Applicant
  • (In Japanese)学校法人広島大学
Title AMPHIBIOUS SHIP
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an amphibious ship capable of decreasing the propulsive resistance at the time of hydroplaning and assuring an excellent on-the-water stability without dropping the running performance on the land.

SOLUTION: The amphibious ship 1 is equipped with a hull 2 to be afloat on the water, a plurality of wheels 3a and 3b installed with its one part protruding downward from the bottom 2c of the hull 2, a cover 4 having a buoyancy with its outer shape formed continuously smoothly to the outer surface of the hull 2 in such a way as covering the wheels 3a and 3b in such a condition that the hull 2 is float on the water, and an arm device 5 to shift the cover 4 from the standby condition heaved to over the hull 2 to the serving condition covering the wheels 3a and 3b and vice versa.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


水上の航走と陸上の走行とが可能な乗物として、船を基にした水陸両用船(水陸両用艇)、或いは、車両を基にした水陸両用車がある。水陸両用艇(水陸両用船)、または、水陸両用車として、水上に浮揚する艇体(船体)または車体に、引き込み式の車輪を備えるものがある。車輪格納レセス(タイヤハウス)に車輪を格納した状態で艇体(船体)または車体の外板に沿って車輪格納レセスを覆うカバーが設けられる。



艇体との間に設けられる蝶番によってカバーが回動自在、かつ着脱自在である水陸両用艇がある。車輪格納レセスと接触するカバーの外縁には、パッキングが取付けられている。水陸両用艇は、陸上を走行する場合、カバーを取外すとともに車輪を艇体より下方に張り出させ、水上を航走する場合、車輪を艇体に引き込んだ状態で車輪格納レセスをカバーで水密に閉じる(例えば、特許文献1参照。)。



また、カバーを車体に内蔵し、車体底面に開口する車輪昇降口とウォータジェット吸込口のどちらか一方を塞ぎ他方を開放する水陸両用車がある(例えば、特許文献2参照。)。カバーとしてシャッター装置を各タイヤ収納室(タイヤハウス)に内蔵し、車輪をタイヤ収納室に引き込んだ状態でタイヤ収納室の開口部をシャッター扉で閉鎖する水陸両用車がある(例えば、特許文献3参照。)。



また、水陸両用車は、上下に動かせる支持器を介して浮力体が車体に取付けられている。陸上で使用する場合、支持器で浮力体を上に揚げる。水上で使用する場合、支持器で浮力体を下げ、浮力体の浮力で車体を水面上に押し上げる(例えば、特許文献4参照。)。

【特許文献1】実用新案登録第2555727号公報

【特許文献2】実用新案登録第2543334号公報

【特許文献3】実開平3-5606号公報

【特許文献4】特開平8-282228号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水上の航走と陸上の走行とが可能な水陸両用船に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水上に浮かぶ船体と、
前記船体の底部から下方へ一部が突出した状態に設けられる複数の車輪と、
前記船体が水上に浮かぶ状態で前記車輪を覆って前記船体の外表面となだらかに連続する外形に形成されたカバーと、
前記船体の上方へ持ち上げた待機状態と前記車輪を覆う装着状態とに前記カバーを移動させるアーム装置と、を備え、
前記カバーは、内部への注水および排水によってバラストタンクとして機能することを特徴とする水陸両用船。

【請求項2】
 
前記カバーは、前記船体の右側及び左側に配置された前記車輪について前輪の位置から後輪の位置までそれぞれ一続きに形成されることを特徴とする請求項1に記載の水陸両用船。

【請求項3】
 
前記カバーは、前記船体の両側部に露出する前記前輪の側部を覆うことを特徴とする請求項2に記載の水陸両用船。

【請求項4】
 
前記カバーは、吃水線より下になる範囲で前記車輪の少なくとも外周を覆うことを特徴とする請求項1に記載の水陸両用船。
Industrial division
  • Automobile
  • Watercraft
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003288973thum.jpg
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close