Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR DRIVING LIQUID CRYSTAL ELEMENT

METHOD AND DEVICE FOR DRIVING LIQUID CRYSTAL ELEMENT

Patent code P05P001901
File No. RJ006P96
Posted date Apr 15, 2005
Application number P2003-327643
Publication number P2005-092009A
Patent number P4077384
Date of filing Sep 19, 2003
Date of publication of application Apr 7, 2005
Date of registration Feb 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 進
  • (In Japanese)葉 茂
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD AND DEVICE FOR DRIVING LIQUID CRYSTAL ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a method and a device for driving a liquid crystal element by which a response time can be shortened even when the diameter of a lens is large.
SOLUTION: In the liquid crystal element which uses molecule orientation effect by an irregular electric field distribution, at least one electrode (1st electrode 12) is given a potential gradient for a certain time when a voltage is applied between a 1st electrode 12 and a 2nd electrode 17 which face each other or varied.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液晶の特徴を利用した液晶表示素子は、薄型軽量の平板型表示素子として、目覚ましい発展を続けている。液晶分子の配向状態は、液晶表示素子を構成する2枚の透明導電膜を付したガラス基板の表面の処理や、外部印加電圧により容易に制御することができる。



ネマティック液晶セルにおいて、液晶分子は電界の方向に配向するという性質を利用すると、軸対称的な不均一電界による液晶分子配向効果により、空間的な屈折率分布特性を有する液晶レンズを得ることができる。例えば、特開平11-109304号公報では、液晶マイクロレンズが開示されており、焦点位置を光軸方向と光軸に垂直な方向とのいずれにも制御できるようにした技術が開示されている。
【特許文献1】
特開平11-109304号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、例えば液晶レンズとしての液晶素子の駆動方法と装置に関し、特に駆動時の光学特性に現われる液晶特有の問題点を改善し、結果的には応答速度を速くすることができるという技術に係わるものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
透明な第1の基板と、この第1の基板上の透明な第1の電極と、この第1の電極上に液晶層を挟んで配置された透明な第2の基板と、前記第2の基板上に設けられ孔を有する第2の電極とからなる液晶レンズを駆動する装置であって、
前記第1、第2の電極間に電圧を与えるときに、前記第1の電極に対して一定時間電位勾配を与えるための手段を有し、
前記第1の電極は、100Ω~1MΩの電気抵抗としたことを特徴とする液晶素子の駆動装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003327643thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close