Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD FOR PARTICULATE

MANUFACTURING METHOD FOR PARTICULATE

Patent code P05P001895
File No. Y2003-P187
Posted date Apr 25, 2005
Application number P2003-330722
Publication number P2005-095733A
Patent number P4450596
Date of filing Sep 22, 2003
Date of publication of application Apr 14, 2005
Date of registration Feb 5, 2010
Inventor
  • (In Japanese)藪 浩
  • (In Japanese)田中 賢
  • (In Japanese)下村 政嗣
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title MANUFACTURING METHOD FOR PARTICULATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for easily manufacturing a particulate that is useful as a biofunctional material and has a high uniform particle size even if the particulate is a difficult material such as collagen.
SOLUTION: This manufacturing method comprises charging a material for producing the particulate in the vacant pore of a polymeric porous membrane as a template and redispersing the material after the solidification to produce the particulate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来よりナノメートル(nm)やマイクロメートル(μm)のサイズを持つ微粒子が機能性材料として注目されている。これらの微粒子の作製法としては気相法と液相法があり、気相法では、化学的な方法として、化学的気相反応法(CVD法)、電気炉加熱法、熱プラズマ法、レーザ加熱法などが、物理的な方法としては、ガス中蒸発法などが知られている。また液相法では、化学的な方法として共沈法、均一沈殿法、化合物沈殿法、金属アルコキシド法、水熱合成法、ゾルゲル法などが、物理的方法としては噴霧法、冷凍凍結法、エマルジョン法、硝酸塩分解法などが知られている(非特許文献1)。これらは主に無機微粒子の作製に用いられる方法である。



一方、有機物については、界面活性剤を用いたエマルジョン法、特に高分子材料についてはエマルジョン重合により微粒子が得られている。また、界面活性剤や安定剤を用いた晶析やSESD法(非特許文献2)などが知られている。ただ、いずれの方法も、界面活性剤などの混入を避けられず、適用することのできる対象材料にも制約があった。そしてまた、再沈法(特許文献1)などにより有機微結晶の作製が報告されているが、粒径および粒径分布の調節が難しいなどの問題点がある。
【非特許文献1】
「微粒子工学大系」、柳田博明編、フジ・テクノシステムズ、2002
【非特許文献2】
(2)Murakami,H.,Kobayashi, M.,Takeuchi, H.,Kawashima, Y.,Powder Tech.,2000, 107,137
【特許文献1】
特開平6-79168号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は微粒子の製造方法に関するものであり、さらに詳しくは、生体機能材料として有用であって、微粒子化が困難なコラーゲン等の物質であっても、粒径の均一性の高い微粒子を簡便に製造することのできる新しい方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高分子材料の非水溶性の有機溶剤溶液を展開し、高湿度下に非水溶性の有機溶剤を蒸発させることにより形成した高分子ハニカム状多孔質膜を鋳型とし、この高分子ハニカム状多孔質膜の空孔内に、微粒子生成用材料を充填し、固化した後に再分散させて微粒子を生成させることを特徴とする微粒子の製造方法。

【請求項2】
 
鋳型としての高分子ハニカム状多孔質膜の空孔径が100nm~100μmの範囲であることを特徴とする請求項1の微粒子の製造方法。

【請求項3】
 
微粒子生成用材料を減圧下に充填することを特徴とする請求項1の微粒子の製造方法。

【請求項4】
 
加熱により、もしくは光照射により固化させることを特徴とする請求項1の微粒子の製造方法。

【請求項5】
 
固化した後に、鋳型の高分子ハニカム状多孔質膜を剥離、もしくは溶解することを特徴とする請求項1の微粒子の製造方法。

【請求項6】
 
固化した後に超音波照射して微粒子を分散させることを特徴とする請求項1の微粒子の製造方法。

【請求項7】
 
請求項1ないし6のいずれかの方法であって、生分解性材料、生体適合性材料および生理活性材料の少くともいずれかの微粒子を生成させることを特徴とする微粒子の製造方法。

【請求項8】
 
請求項1ないし6のいずれかの方法であって、電子機能材料もしくは光機能材料のいずれかの微粒子を生成させることを特徴とする微粒子の製造方法。

【請求項9】
 
請求項1ないし6のいずれかの方法であって、触媒機能材料もしくは分離機能材料のいずれかの微粒子を生成させることを特徴とする微粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003330722thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close