Top > Search of Japanese Patents > TWEEZERS FOR BIPOLAR ELECTROCOAGULATION

TWEEZERS FOR BIPOLAR ELECTROCOAGULATION

Patent code P05A007009
File No. ZA99P43
Posted date Apr 25, 2005
Application number P2000-037452
Publication number P2001-224601A
Patent number P3352445
Date of filing Feb 16, 2000
Date of publication of application Aug 21, 2001
Date of registration Sep 20, 2002
Inventor
  • (In Japanese)福田 清隆
Applicant
  • (In Japanese)村中医療器株式会社
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title TWEEZERS FOR BIPOLAR ELECTROCOAGULATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide tweezers for bipolar electrocoagulation which can control the flowing out of physiological saline, etc., from the front ends of the tweezers by means of a cylinder fixed to the internal wall surface of the tweezers.
SOLUTION: This tweezers 1 for bipolar electrocoagulation having two arms which are insulated from each other, urged so that their front ends may always be opened, and constituted to coagulate the tissue of a blood vessel, etc., by conduction when the front ends hold the tissue between them are constituted in such a way that the cylinder 5 having one introducing port 9 and one or more supplying pots 11 is fixed to one internal wall of the two arms and an introducing tube 4 for physiological saline, etc., injected by means of a gravity-drop type pressurizing apparatus, pump, etc., is connected to the introducing port 9. In addition, supplying pipes 6 for physiological saline, etc., which are opened to the front ends of the tweezers 1 are connected to the supplying ports 11 and a plurality of pistons A (7) and B (8) is incorporated in the cylinder 5 so that, when a person brings the arms closer to each other or separates the arms from each other by grasping the tweezers 1, the internal walls of the arms may be engaged with the pistons A and B repulsively protruded from the cylinder 5 and may control the flowing out of the physiological saline, etc.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、双極電気凝固用ピンセットは公知である。特公平3-31460号においては、通常2つの腕は開放状態にあり、ピンセットの内壁面に設けた柔軟なチューブを2つの係合環とフックとにより引張られていて、チューブが閉塞した状態にして、生理食塩水やその他の流体は流出しない。
ピンセットを把持して組織を挟持するよう2つの腕を接近させると、前記係合環とフック部とがチューブの引張りを緩め、生理食塩水等が流出するようになっている。従って、ピンセットの先端で高周波の通電により組織の凝固操作が行われ、組織癒着を防止し、生体組織部分が先端に付着して凝固能の低下が生じるのを防止するようになっていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は脳神経外科手術等に用いる双極電気凝固用ピンセットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
互いに絶縁され、先端が常時開放されるよう付勢され、先端で血管その他の組織を挟持した時、通電により組織を凝固できるようにした2つの腕を持つ双極電気凝固用ピンセットにおいて、
2つの腕の一方内壁に1つの導入口と1つ以上の供給口とを有するシリンダーを固定し、前記導入口には自然落下方式又はポンプその他の加圧器具により生理食塩水等を注入される導入管を接続し、前記1つ以上の供給口にはピンセットの腕の先端に至って開口する生理食塩水等の供給管を接続し、
前記シリンダーから突出したピストンはピストンAとピストンBとから成り、ピストンAはバネAにより常時はシリンダーの導入口をシールし、ピストンBはバネBを介してピストンAに内装され、バネBはバネAより強力であり、バネBによりピストンBがピストンAから突出するよう付勢され、
ピンセットを把持してポンプその他の加圧器具による液圧か、又はピストンの2つの腕を接近させた時、腕の内壁がシリンダーから突出したピストンBを押圧することにより、導入口のシール状態を開放して生理食塩水等を流出させるよう制御したことを特徴とする双極電気凝固用ピンセット。

【請求項2】
 
シリンダーから突出したピストンがピストンAとピストンBとから成り、ピストンAはバネAにより常時はシリンダーの導入口をシールし、ピストンBはバネBを介してピストンAに内装され、バネBはバネAよりも弾発力が強く設定され、ピンセットを把持して2つの腕が相対的に接近した時、先ずピストンAがバネAに抗して押圧されて引っ込み、シール部を開放して生理食塩水等を流出させ、さらに押圧されるとピストンBがバネBに抗して引っ込むよう調整した請求項1記載の双極電気凝固用ピンセット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000037452thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close