Top > Search Research paper > (In Japanese)熱帯熱マラリア原虫スフィンゴミエリン加水分解酵素の遺伝子クローニングと性状解析

(In Japanese)熱帯熱マラリア原虫スフィンゴミエリン加水分解酵素の遺伝子クローニングと性状解析

Research report code R000000360
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)花田 賢太郎
  • (In Japanese)原 智子
Affiliation
  • (In Japanese)国立感染症研究所細胞化学部
  • (In Japanese)国立感染症研究所細胞化学部
Research organization
  • (In Japanese)国立感染症研究所
Report name (In Japanese)熱帯熱マラリア原虫スフィンゴミエリン加水分解酵素の遺伝子クローニングと性状解析
Technology summary (In Japanese)マラリア原虫におけるスフィンゴ脂質代謝を解明し,新規な抗マラリア薬の開発基盤とする目的で,熱帯熱マラリア原虫がスフィンゴミエリン加水分解酵素(SMase)を発現していることを見いだし,本酵素のcDNAを同定して一次構造を明らかにした。哺乳動物SMaseの阻害剤として知られるスキホスタチンによってマラリア原虫SMaseも阻害された。
Research field
  • Enzyme in general
  • Molecular genetics in general
  • Microorganism biochemistry
  • Infectious diseases, parasitics diseases in general.
  • Basic research of antiprotozoan drugs and anthelmintics
Published papers related (In Japanese)(1)K. Hanada et al. (2000) Biochemical J. 346, 671-677
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)花田 賢太郎,原 智子. 熱帯熱マラリア原虫スフィンゴミエリン加水分解酵素の遺伝子クローニングと性状解析. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.5 - 5.

PAGE TOP