Top > Search Research paper > (In Japanese)過渡回折格子法による超臨界アルコール中の分子ダイナミクスの測定

(In Japanese)過渡回折格子法による超臨界アルコール中の分子ダイナミクスの測定

Research report code R000000461
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)大森 努
  • (In Japanese)木村 佳文
  • (In Japanese)廣田 襄
  • (In Japanese)寺嶋 正秀
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学国際融合創造センター
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)過渡回折格子法による超臨界アルコール中の分子ダイナミクスの測定
Technology summary (In Japanese)超臨界アルコールの熱拡散や音速,あるいはアルコール分子中の分子拡散などのダイナミックな性質は非常に重要な役割を果たす。そこで,超臨界エタノールおよびメタノールの熱拡散定数および音速の簡便な測定,ならびにアルコール中での水素引き抜き反応で生じる反応中間体ラジカルの測定も行なった。過渡回折格子(TG)測定では,励起光源としてNd・YAGレーザーの3倍波を用い過渡適干渉縞を生成させた。超臨界アルコールの測定ではメタノールで540K,エタノールで543Kで行なった。溶質分子としてはニトロベンゼンあるいはベンゾフェノン(BP)を用いた。図1に溶質をBPにした時の典型的なTG信号の経時変化を示した。これらの信号の解析により,エタノールの音速,熱拡散係数,BPとベンゾフェノンケチルラジカルの拡散係数が求まった。ラジカルの拡散係数は臨界密度近傍の中密度領域でStokes・Einsteinの法則からずれる傾向を示すことが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000461_01SUM.gif
Research field
  • Quantum optics in general
  • Atomic reaction and radical reaction
  • Addition reaction, elimination reaction
  • Aliphatic alcohols
  • Condensed bicyclic carbocyclic compounds containing 6‐membered ring
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)大森 努,木村 佳文,廣田 襄,寺嶋 正秀. 過渡回折格子法による超臨界アルコール中の分子ダイナミクスの測定. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.87 - 87.

PAGE TOP