Top > Search Research paper > (In Japanese)CuClの存在下ジルコンアシクロペンタンによる五員環および六員環炭素環式化合物の生成

(In Japanese)CuClの存在下ジルコンアシクロペンタンによる五員環および六員環炭素環式化合物の生成

Research report code R000000601
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)Yuanhong Liu
  • (In Japanese)Baojian Shen
  • (In Japanese)Martin Kotora
  • (In Japanese)高橋 保
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学触媒化学研究センター
Report name (In Japanese)CuClの存在下ジルコンアシクロペンタンによる五員環および六員環炭素環式化合物の生成
Technology summary (In Japanese)アルキンへの金属ー炭素結合付加は複雑な分子形成の魅力ある反応である。アルキルジルコノセンとアルキンとの炭素メタレーションは有用な合成ツールである。ジルコアシロペンタンあるいはアルキルジルコノセンによるアルキンの分子内あるいは分子間炭素メタレーションに初めて成功した。ジエンあるいはトリエンとCp2Zrとの分子内カップリングにより調製したジルコノシクロペンタンはCuClの存在下末端アルキンと反応し,アルキンの分子間炭素メタレーションを経て高収率で六員環化合物(図1)を生成した。一方末端アルキンの代わりにアルキルブロミドを用いると,同様な条件で5員環の炭素環化合物が得られた。この反応はアルキン部の分子内炭素メタレーションにより進んだと考えられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000601_01SUM.gif
Research field
  • 4A and 5A groups
  • Organic reactions
  • Group 4 and group 5 organic compounds
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)Yuanhong Liu,Baojian Shen,Martin Kotora,高橋 保. Formation of Five and Six-membered Ring Carbocycles by Zirconacyclopentanes in the Presence of CuCl. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.43 - 43.

PAGE TOP