Top > Search Research paper > (In Japanese)光合成アンテナ-反応中心複合体モデルの構築

(In Japanese)光合成アンテナ-反応中心複合体モデルの構築

Research report code R000000609
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)尾関 秀謙
  • (In Japanese)小夫家 芳明
Affiliation
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科
Research organization
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Report name (In Japanese)光合成アンテナ-反応中心複合体モデルの構築
Technology summary (In Japanese)イミダゾリル二置換ポルフィリン亜鉛錯体が強固で安定なZn-ポルフィリンダイマーを形成するが,本方法を展開し,脂質二分子膜中でのアンテナ錯体(スペシャルペア)ーフェオフィチンのモデルとして,フリベース(Fb)ポリフィリンの周囲に3つのZn-ポルフィリンダイマーを配した末端にカルボン酸を有する系を構築した。3つのメソ位にアミノフェニル基を導入したFb-ポルフィリンに,対面するメソ位にカルボキルフェニル基およびメチルイミダゾリル基を導入したイミダゾリル置換Zn-ポルフィリンをアミド結合により結合させ,中心にFbポルフィリン4量体を合成した。さらにこの4量体とイミダゾリル置換Znーポルフィリンとを相補的配位結合により組織化した。Znーポルフィリン2量体の蛍光強度が1/5に減少すると共にFb-ポルフィリン蛍光が3倍に増加し,Znーポルフィリン二量体からFbーポルフィリンヘの効率的なエネルギー移動を確認した。
Research field
  • Luminescence of organic compounds
  • Photochemistry in general
  • Respiratory system models
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)尾関 秀謙,小夫家 芳明. 光合成アンテナ-反応中心複合体モデルの構築. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.47 - 47.

PAGE TOP