Top > Search Research paper > (In Japanese)金電極上における混合自己組織化単分子膜を用いた人工アンテナ系と光電荷分離系の共役と光電流発生

(In Japanese)金電極上における混合自己組織化単分子膜を用いた人工アンテナ系と光電荷分離系の共役と光電流発生

Research report code R000000621
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)今堀 博
  • (In Japanese)福住 俊一
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)金電極上における混合自己組織化単分子膜を用いた人工アンテナ系と光電荷分離系の共役と光電流発生
Technology summary (In Japanese)自己組織化単分子膜法を用いてフェロセン-ポルフィリン-フラーレン分子を金電極上に集合化させ,金属電極上の単分子膜を用いた系として世界最高の光電流発生の量子効率を既に達成している。アンテナ系としてボロン色素アルカンチオールを合成してフェロセン-ポルフィリン-フラーレン分子と混合自己組織化単分子膜を作製することで,電極上で光合成の光収穫機能と電荷分離機能を共役させることを試みた。(図1,図2)ボロン色素アルカンチオール単独系に比較して混合系において約30倍の光電流発生の量子効率の向上を観察した。すなわち,光合成のアンテナ系と電荷分離系を電極上で初めて人工的に共役させただけでなく,金属電極上の単分子膜を用いた系として量子収率の最高値を更新する事にも成功した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000621_01SUM.gif R000000621_02SUM.gif
Research field
  • Thin films of organic compounds
  • Electrode process
  • Photochemistry in general
  • Molecular compounds
  • Photosynthesis
Published papers related (In Japanese)(1)Imahori, H.; Norieda, H.; Yamada, H.; Nishimura, Y.; Yamazaki, I.; Sakata, Y.; Fukuzumi, S. J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 100-110.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)今堀 博,福住 俊一. 金電極上における混合自己組織化単分子膜を用いた人工アンテナ系と光電荷分離系の共役と光電流発生. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.55 - 55.

PAGE TOP