Top > Search Research paper > (In Japanese)メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価

(In Japanese)メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価

Research report code R000000694
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)劉 崢
  • (In Japanese)椿山 俊和
  • (In Japanese)大砂 哲
  • (In Japanese)阪本 康弘
  • (In Japanese)金田 瑞枝
  • (In Japanese)平賀 賢二
  • (In Japanese)寺崎 治
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東北大学理学部
  • (In Japanese)東北大学金属材料研究所
  • (In Japanese)東北大学理学部
  • (In Japanese)東北大学理学部
  • (In Japanese)東北大学理学部
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • (In Japanese)東北大学理学部
  • (In Japanese)東北大学金属材料研究所
  • (In Japanese)東北大学学際科学研究センター
Report name (In Japanese)メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価
Technology summary (In Japanese)シリカメソ多孔体を新物質系を作製するための容器として用い,その空隙内に作製した白金ナノワイヤーや三次元カーボンロッドについて,構造決定及び評価を高分解能電子顕微鏡(HREM)法により行った。一次元チャンネルが二次元ヘキサゴナル上に配列したシリカメソ多孔体MCM-41,SBA-15の空隙に,白金ナノワイヤーを作製した後,酸処理でシリカメソ多孔体を溶かし,白金ナノワイヤーを取り出した。MCM-41の場合は,白金ナノワイヤーは一本ずつ分離して得られ,SBA-15の場合には二次元ヘキサゴナル配列を維持し,束で得られた。図1にSBA-15を溶かし出した白金ナノワイヤーのみの電子顕微鏡像である。三次元チャンネルを有するシリカメソ多孔体MCM-41の空隙に,アセチレンガスを炭素源として新しいカーボンロッドCMK-4を作製し,電子線結晶学の手法により三次元構造を決定した(図2)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000694_01SUM.gif R000000694_02SUM.gif
Research field
  • Crystal structure of metals
  • Crystal structure of nonmetallic elements and its compounds
  • Adsorbents
  • Fiber manufacturing and yarn processing
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)劉 崢,椿山 俊和,大砂 哲,阪本 康弘,金田 瑞枝,平賀 賢二,寺崎 治. メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.100 - 100.

PAGE TOP