Top > Search Research paper > (In Japanese)高分解能分光を用いた固体水素の物性研究

(In Japanese)高分解能分光を用いた固体水素の物性研究

Research report code R000000744
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)香月 浩之
  • (In Japanese)保科 宏道
  • (In Japanese)百瀬 孝昌
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)高分解能分光を用いた固体水素の物性研究
Technology summary (In Japanese)固体パラ水素では線幅の鋭い光学遷移が観測されている。固体パラ水素の高次純粋振動遷移であるQ2(0)及びQ3(0)遷移の高分解能レーザー分光を行い,線幅30MHz程度の吸収を数多く観測した。これらの遷移は固体中に微量存在するオルト水素とその周囲に存在するパラ水素の同時遷移の結果であり,そのスペクトルを解析することで固体水素中でのミクロな相互作用に関する知見を得ることができる。Q2(0)遷移の遷移周波数は8070cm-1である。この領域で波長可変なCWレーザをKTP結晶中でDyeレーザーとTi/Sapphireレーザーの差周波発振をとることによって開発した。このレーザーでQ2(0),Q3(0)遷移を観測したところ,スペクトルはまず大きく2本に分裂し,さらに細かく分裂した構造を持つことが明らかになった。またQ2(0)の場合ではより複雑な分裂が観測された(図1)。結晶場ポテンシャルのパラメータとvibron hoppingのパラメータηを用いて,各遷移の周波数及び遷移強度を計算した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000744_01SUM.gif
Research field
  • Dye lasers, liquid lasers
  • Solid‐state lasers
  • Spectroscopy and spectrometers in general
  • Radio‐frequency and microwave spectra of inorganic molecules
  • Low‐temperature physics in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)香月 浩之,保科 宏道,百瀬 孝昌. 高分解能分光を用いた固体水素の物性研究. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.182 - 182.

PAGE TOP