Top > Search Research paper > (In Japanese)自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス

(In Japanese)自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス

Research report code R000000747
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)松井 崇
  • (In Japanese)狩野 聡
  • (In Japanese)遠藤 健
  • (In Japanese)川原 光泰
  • (In Japanese)手島 健次郎
  • (In Japanese)陸川 政弘
  • (In Japanese)讃井 浩平
Affiliation
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)東京工芸大学工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)上智大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)上智大学理工学部
  • (In Japanese)東京工芸大学工
Report name (In Japanese)自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス
Technology summary (In Japanese)有機・無機自己組織性化合物は,有機配位子の種類及び組成比を制御することで,半導体である無機領域の次元性を容易に制御することができる。本研究では,種々の有機配位子を用いた新規低次元量子閉じ込め構造の構築と,Self assembly法を用いた薄膜化プロセスについて検討を行なった。
1)新規自己組織化量子閉じ込め構造の構築;臭化鉛と有機配位子にエチレンジイルー1,2-ビスジメチルアンモニウム臭化水素酸塩を用いた有機・無機ハイブリッド化合物を作製した。この化合物の無機領域は図1に示すようにPbBr6八面体がその面と辺を共有して1次元的に連なる新規化合物であることが明らかとなった,
2)Self Assembly法を用いた層状ペロブスカイト薄膜の作製;臭化鉛THF溶液と1,12-ドデカンジアンモニウム臭化水素酸塩のTHF溶液に石英基板を交互に浸漬するSelf Assembly法により臭化鉛系層堺ペロブスカイト薄膜を作製した。図2に作製した薄膜の吸収スペクトルを示した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000747_01SUM.gif R000000747_02SUM.gif
Research field
  • Quantum optics in general
  • Crystallography in general
  • Semiconductor thin films
  • Inorganic compounds and elements in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)松井 崇,狩野 聡,遠藤 健,川原 光泰,手島 健次郎,陸川 政弘,讃井 浩平. 自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.189 - 189.

PAGE TOP