Top > Search Research paper > (In Japanese)脂質ナノチューブのマニピュレーション

(In Japanese)脂質ナノチューブのマニピュレーション

Research report code R013000372
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)深川 暁宏
  • (In Japanese)古澤 浩
  • (In Japanese)伊藤 耕三
  • (In Japanese)早川 禮之助
  • (In Japanese)George John
  • (In Japanese)清水 敏美
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)東京大学新領域創成科学研究科
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Research organization
  • (In Japanese)東京大学工学部
  • (In Japanese)東京大学新領域創成科学研究科
  • (In Japanese)独立行政法人 産業技術総合研究所
Report name (In Japanese)脂質ナノチューブのマニピュレーション
Technology summary (In Japanese)脂質ナノチューブのマニピュレーションによる高次構造形成の実現を目指した。まず,脂質ナノチューブ濃厚溶液を 100μm 程度の溝を持つ DNA 電気泳動チップ内に導入することで溝に沿って脂質ナノチューブを配向させることに成功した(図1)。マイクロマニピュレーターを用いて,1本の脂質ナノチューブを溶液から単離しガラス基板上に自由に配置することが可能となった(図2)。この方法を利用して2つの溶液を従来のマイクロキャピラリーではなく脂質ナノチューブで橋渡しすることを試みている。これが可能となればチューブ内に DNA を導入し電気泳動を行うことができるようになる。さらに,脂質ナノチューブは高温でベシクルに相転移を起こすことが知られているが,レーザーを照射することにより照射部分で切断されることがわかった(図3)。この方法で脂質ナノチューブを自由に切断することで長さの制御が可能である。
Drawing

※Click image to enlarge.

R013000372_01SUM.gif R013000372_02SUM.gif R013000372_03SUM.gif
Research field
  • Electrophoretic analysis
  • Structure and morphology of polymer solids
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies
Information research report
  • (In Japanese)深川 暁宏,古澤 浩,伊藤 耕三,早川 禮之助,George John,清水 敏美. 脂質ナノチューブのマニピュレーション. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.44 - 44.

PAGE TOP