Top > Search Research paper > (In Japanese)普遍的な生体防御機構としてのストレス応答

(In Japanese)普遍的な生体防御機構としてのストレス応答

Research report code R030000015
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)永田 和宏
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学再生医科学研究所
Research organization
  • (In Japanese)京都大学
Report name (In Japanese)普遍的な生体防御機構としてのストレス応答
Technology summary (In Japanese)「普遍的な生体防御機構としてのストレス応答」というテーマのもとに、具体的に2つのアプローチから研究を展開してきた。第1はストレス応答の機構である。ストレス転写因子HSF3およびHSF4をクローニングし、その性質を明らかにした。第2には、分子シャペロンの機能解析を掲げていたが、コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47のノックアウトによって、それがコラーゲン合成および個体発生に必須の遺伝子であることを明らかにした。また、小胞体の品質管理に関わる新規遺伝子EDEMを発見し、さらに品質管理にリボソームRNAの分解による蛋白質合成抑制という新たな機構の存在することを明らかにした。
Research field
  • Biological function
  • Molecular genetics in general
  • Biophylaxis and immune systems in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Host Defense Mechanism
Information research report
  • (In Japanese)永田 和宏. 生体防御のメカニズム 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.211 - 226.

PAGE TOP