Top > Search Research paper > (In Japanese)人工ナノ構造の機能探索

(In Japanese)人工ナノ構造の機能探索

Research report code R030000017
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)青野 正和
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院工学研究科/理化学研究所
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)人工ナノ構造の機能探索
Technology summary (In Japanese)新しいナノスケールの情報処理デバイスの開拓を目指し、電導性分子ワイヤーを任意の位置に任意の長さで作製する技術、新しい概念で動作する量子電導原子スイッチの作製技術、走査トンネル顕微鏡を用いた振動励起による分子操作技術、4探針走査トンネル顕微鏡などによるナノスケールの電導特性の計測技術、直線/円偏光計測型の光検出走査トンネル顕微鏡によるナノスケールの軌道/スピン核運動量の計測技術、等々の開発に成功した。また、分子架橋に通電するとき分子内部に巨大渦電流が流れる可能性が理論的に見出された。
Research field
  • Surface structure of semiconductors
  • Electrical properties of interfaces in general
  • Molecular and genetic information processing
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)青野 正和. 量子効果等の物理現象 人工ナノ構造の機能探索. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.243 - 260.

PAGE TOP