Top > Search Research paper > (In Japanese)環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発

(In Japanese)環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発

Research report code R030000052
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)土肥 義治
Affiliation
  • (In Japanese)理化学研究所
Research organization
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発
Technology summary (In Japanese)優れた物性と生分解性をもつバイオプラスチックを生産する3種の微生物のポリエステル生合成系酵素遺伝子を取得し機能を解析した。それらの遺伝子組換え微生物を用いて、安価な植物油や糖から、フィルムや繊維への成形に適した高性能ポリエステルを高効率で生合成するプロセスを開発した。さらに、バイオプラスチックの生分解速度を制御する新しい技術を確立した。
Research field
  • Reaction of polymers in general
  • Molecular genetics in general
  • Structure and chemistry of genes
  • Polyesters, alkyd resins
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)土肥 義治. 環境低負荷型の社会システム 環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.873 - 882.

PAGE TOP