Top > Search Research paper > (In Japanese)生体分子解析用金属錯体プローブの開発

(In Japanese)生体分子解析用金属錯体プローブの開発

Research report code R030000124
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)松本 和子
Affiliation
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)早稲田大学
Report name (In Japanese)生体分子解析用金属錯体プローブの開発
Technology summary (In Japanese)生体分子の高感度時間分解蛍光検出用希土類錯体ラベル剤、近赤外域用エルビウム蛍光ラベル剤、核酸の二重鎖を塩基配列選択的に光切断する白金(Ⅲ)二核錯体の合成と検出器の開発を行い、生体分子を分子レベルで解明するための高感度検出システムと核酸の塩基配列特異的検出法を開発します。これにより、将来的には医療分野への展開が期待されます。
Research field
  • Fluorescence and phosphorescence compounds and complex molecules
  • Spectroanalysis
  • Complexes of nontransition metal elements
  • Biological function
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)松本 和子. 単一分子・原子レベルの反応制御 生体分子解析用金属錯体プローブの開発. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.351 - 356.

PAGE TOP