Top > Search Research paper > (In Japanese)Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応

(In Japanese)Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応

Research report code R000000359
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)杉浦 正晴
  • (In Japanese)小林 修
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学研究科
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学系研究科
Report name (In Japanese)Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応
Technology summary (In Japanese)親酸素性のLewis酸触媒を用いた開環反応と求核剤との組合せによる,鎖状アルコール合成について検討した。セミ環状N.O-アセタールとシリエノールエーテルとの反応をトリメチルシリルトリフラートを用いることにより,アミノアルコールが得られた(図1)。更に,アリルシランやトリメチルシアニド等の求核剤も効果があることが分かった。塩化メチレンを用いると,収率および選択性は低いが,アセトニトリルを使用することにより,反応は加速され高いジアステレオ選択性があることが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000359_01SUM.gif
Research field
  • Catalysts
  • Organic reactions in general
  • Addition reaction, elimination reaction
  • Stereochemistry of organic reaction
  • Polymerization catalyst, polymerization initiator
Published papers related (In Japanese)(1)Okitsu, O.; Suzuki, R.; Kobayashi, S. Synlett 2000, 989.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)杉浦 正晴,小林 修. Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.5 - 5.

PAGE TOP