Top > Search Research paper > (In Japanese)キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成

(In Japanese)キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成

Research report code R000000365
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)北條 裕信
  • (In Japanese)中原 義昭
  • (In Japanese)中原 悠子
  • (In Japanese)伊藤 幸成
  • (In Japanese)鍋島 一樹
Affiliation
  • (In Japanese)東海大学工学部
  • (In Japanese)東海大学工学部
  • (In Japanese)理化学研究所
  • (In Japanese)理化学研究所
  • (In Japanese)宮崎医科大学
Research organization
  • (In Japanese)宮崎医科大学
  • (In Japanese)東海大学工学部
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成
Technology summary (In Japanese)ガン細胞の膜結合蛋白質Emmpinnのキトビオースを有する第一Igドメインの化学合成を検討した。Boc法によるキトビオースAsn誘導体を調製し,チオエステル法によりIgドメイン(図1)の合成をおこなった。Boc-アミノ酸を順次縮合した後にHF処理し,(34-58)のセグメントを得た後,アミノ基にBoc基を導入し(34-58)を誘導した。(59-94)のセグメントはLink-amideMBHA樹脂上で固相法により合成した。図2の要領により縮合しIgドメインを合成した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000365_01SUM.gif R000000365_02SUM.gif
Research field
  • Carbohydrate in general
  • Peptides
  • Chemical synthesis
  • Carbohydrates and sugar chains in general
  • Cell physiology in general
Published papers related (In Japanese)(1)Hojo H. et. al. Tetraheadron Lett., 3001-3004 (2001)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)北條 裕信,中原 義昭,中原 悠子,伊藤 幸成,鍋島 一樹. キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.12 - 12.

PAGE TOP