Top > Search Research paper > (In Japanese)グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長

(In Japanese)グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 meetings

Research report code R000000370
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)田村 純一
  • (In Japanese)西原 淳子
  • (In Japanese)刀禰 裕子
  • (In Japanese)北川 裕之
  • (In Japanese)菅原 一幸
Affiliation
  • (In Japanese)鳥取大学教育地域科学
  • (In Japanese)鳥取大学教育地域科学
  • (In Japanese)神戸薬科大学生化学
  • (In Japanese)神戸薬科大学生化学
  • (In Japanese)神戸薬科大学生化学
Research organization
  • (In Japanese)鳥取大学教育地域科学部
  • (In Japanese)神戸薬科大学生化学
Report name (In Japanese)グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 meetings
Technology summary (In Japanese)グリコサミノグリカンの糖鎖伸長に関し,グリコサミノグリカン糖鎖の還元部分の共通四糖のキシロースが持つりん酸基と硫酸基に着目し,六つのグリコシルセリンを標的として合成した。グリコシルセリンのうちIII,V,VIはりん酸基と硫酸基を有し,天然型の合成報告として初めてであった。糖鎖伸長における硫酸基とりん酸基の役割は,IV~VIについてグルクロン酸I転移酵素による転移反応で,非還元側ガラクトース上に硫酸基がないIVとVIはグルクロン酸転移を促進させ,Vはグルクロン酸の転移を受けないことが分かった。
Research field
  • Organic reactions
  • Glycosides
  • Peptides
  • Chemical synthesis
  • Carbohydrates and sugar chains in general
  • Applications of enzymes
Published papers related (In Japanese)(1)J. Tamura and J. Nishihara, Bioorg. Med. Chem. Lett., 9, 1911-1914 (1999).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)田村 純一,西原 淳子,刀禰 裕子,北川 裕之,菅原 一幸. グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.14 - 14.

PAGE TOP