Top > Search Research paper > (In Japanese)糖鎖固相合成を指向したリンカーの開発

(In Japanese)糖鎖固相合成を指向したリンカーの開発

Research report code R000000372
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)眞鍋 史乃
  • (In Japanese)中原 義昭
  • (In Japanese)伊藤 幸成
Affiliation
  • (In Japanese)理化学研究所
  • (In Japanese)東海大学工学部
  • (In Japanese)理化学研究所
Research organization
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)糖鎖固相合成を指向したリンカーの開発
Technology summary (In Japanese)固相での糖鎖のグリコシル化反応段階で安定性を増強することを目的として検討した。Wangタイプリンカー(p-アルコキシベンジルエーテル)にニトロ基を導入し,耐酸性の向上をはかった。酸に対し安定性が増し,糖供与体としてイミデート,チオグリコシド,フッ化糖を使用できた。糖受容体,糖供与体のいずれもリンカーを介して,樹脂および可溶性高分子担体に結合しグリコシル化ができた。このリンカーを使用して,糖蛋白質糖鎖の一部を高分子担体上で合成できた(図1)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000372_01SUM.gif
Research field
  • Organic reactions
  • Glycosides
  • Peptides
  • Chemical synthesis
Published papers related (In Japanese)(1)S. Manabe, Y. Nakahara, Y. Ito, Synlett, 1241-1244 (2000)
(2)S. Manabe, Y.Ito, Chem. Pharm. Bull., 49, 1234-1235 (2001)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)眞鍋 史乃,中原 義昭,伊藤 幸成. 糖鎖固相合成を指向したリンカーの開発. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.15 - 15.

PAGE TOP