Top > Search Research paper > (In Japanese)非天然機能性オリゴヌクレオチドの開発

(In Japanese)非天然機能性オリゴヌクレオチドの開発

Research report code R000000382
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)岡本 晃充
  • (In Japanese)泰地 稔二
  • (In Japanese)田中 一生
  • (In Japanese)齋藤 烈
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)非天然機能性オリゴヌクレオチドの開発
Technology summary (In Japanese)超電子供与性核酸塩基を含むオリゴヌクレオチドを新規に合成し,高機能性分子の構築を検討した。置換7-デアザプリンとして7-ビニル-7-デアザグアニン(VZG)を含むオリゴヌクレオチドおよび2-アミノ-7-デアザアデニン(AZA)を含むオリゴヌクレオチドを合成した。VZGの酸化電位は天然核酸塩基に比べ顕著に小さく,グアニンに比し5′隣接核酸塩基とのスタッキング面積が広く,DNA二重らせん構造の熱安定性を増加させた。AZAの酸化電位も極めて小さく,同様にDNA内に生じたラジカルカチオンをAZAへ効率よく誘導できた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000382_01SUM.gif
Research field
  • Polymer chemistry in general
  • Nucleic acids in general
  • Molecular genetics in general
  • Synthesis of drugs
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) drugs
Published papers related (In Japanese)(1)Akimitsu Okamoto, Toshiji Taiji, Kazuo Tanaka and Isao Saito Tetrahedron Letters 41, 10035-10039 (2000)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)岡本 晃充,泰地 稔二,田中 一生,齋藤 烈. 非天然機能性オリゴヌクレオチドの開発. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.23 - 23.

PAGE TOP