Top > Search Research paper > (In Japanese)DNAの一電子酸化に対する遷移金属原子の効果に関する理論的研究

(In Japanese)DNAの一電子酸化に対する遷移金属原子の効果に関する理論的研究

Research report code R000000383
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)吉岡 泰規
  • (In Japanese)宇佐美 護
  • (In Japanese)山口 兆
Affiliation
  • (In Japanese)三重大学工学部
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)DNAの一電子酸化に対する遷移金属原子の効果に関する理論的研究
Technology summary (In Japanese)DNAの一電子酸化に対する遷移金属の効果に関して,N7位に配した-GGG-に遷移金属原子が配位した場合の反応性をab initio分子軌道法をもちいて検討した。N7位に配位したG-(H2O)3の最適化構造を利用して,5′-GGG-3′のGに遷移金属(Cu)を配位させた。図1にg1にCu(II)(H2O)3の配位構造を,表1にG1,G2,G3の各Gに配位させた時の全エネルギーを示した。銅原子が1価であることから,SCF解はグアニンから銅に1電子移動した電子構造に相当した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000383_01SUM.gif R000000383_02SUM.gif
Research field
  • Polymer chemistry in general
  • Nucleic acids in general
  • Molecular genetics in general
  • Synthesis of drugs
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) drugs
Published papers related (In Japanese)(1)Y. Yoshioka, Y. Kitagawa, Y. Takano, K. Yamaguchi, and I. Saito, J. Am. Chem. Soc., 121, 8712 (1999).
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)吉岡 泰規,宇佐美 護,山口 兆. DNAの一電子酸化に対する遷移金属原子の効果に関する理論的研究. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.23 - 23.

PAGE TOP