Top > Search Research paper > (In Japanese)アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化

(In Japanese)アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化

Research report code R000000384
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)川西 正祐
Affiliation
  • (In Japanese)三重大学医学部
Research organization
  • (In Japanese)三重大学医学部
Report name (In Japanese)アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化
Technology summary (In Japanese)抗腫よう剤によるDNA切断作用を増強させる新規DNA結合物質の探索をねらいとして,エンジイン系抗腫瘍剤C1027によるDNA切断増強作用と塩基配列認識の特異性の変化について検討した。大腸菌でサブクローニングしたヒトがん原遺伝子およびがん抑制遺伝子のDNA断片を用い,DNA結合試薬(Hoechst33258,Hoechst33342,Distamycin A)およびC1027と反応させ,オートラジオグラムを解析し,DNA損傷の塩基特異性の変化を調べた。検討したDNA結合物質は,相補鎖の切断が3末端側へ2塩基離れた部位で起きるというエンジイン化合物特有の切断作用を増強した。
Research field
  • Polymer chemistry in general
  • Nucleic acids in general
  • Molecular genetics in general
  • Synthesis of drugs
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) drugs
Published papers related (In Japanese)(1)Hiraku, Y., Oikawa, S., Kuroki, K., Sugiyama, H., Saito, I., and Kawanishi, S. Biochem. Pharmacol. 61,351-356 (2001)
(2)Kawanishi, S., Oikawa, S., Kawanishi, M., Sugiyama, H., Saito, I., Strekowski, L., and Wilson W.D. Biochemistry 39, 13210-13215 (2000)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)川西 正祐. アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.24 - 24.

PAGE TOP