Top > Search Research paper > (In Japanese)ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究

(In Japanese)ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究

Research report code R000000390
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)リアー,マーチン J.
  • (In Japanese)吉村 文彦
  • (In Japanese)平間 正博
  • (In Japanese)臼杵 豊展
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究
Technology summary (In Japanese)ケダルシジンクロモフォの,立体制御が困難な2-デオキシ糖(マイカロース)のベータ選択的なグリコシル化を開発した。チオグリコシド(1,2)およびケダルシジンクロモフォをAgPF6とDTBMT(2,6-ジタート-ブチル-4-メチルピリミジン)を用いることによって2-デオキシ糖のベータ位のグリコシル化に成功した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000390_01SUM.gif
Research field
  • Oxidation, reduction
  • Glycosides
  • Natural substances of biological origin
Published papers related (In Japanese)(1)M.J. Lear, M. Hirama, Tetrahedron Lett. 1999, 40, 4897.
(2)M.J. Lear, F. Yoshimura, M. Hirama, submitted.
(3)For recent synthetic work, see: F. Yoshimura, S. Kawata, M. Hirama, Tetrahedron Lett. 1999, 40, 8281.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)リアー,マーチン J,吉村 文彦,臼杵 豊展,平間 正博. ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.30 - 30.

PAGE TOP