Top > Search Research paper > (In Japanese)三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析

(In Japanese)三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析

Research report code R000000399
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)八波 利恵
  • (In Japanese)青野 重利
  • (In Japanese)中村 聡
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学院生命理工学研究科
  • (In Japanese)北陸先端科学技術大学院大学材料科学
  • (In Japanese)東京工業大学大学院生命理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科
  • (In Japanese)東京工業大学大学院生命理工学研究科
Report name (In Japanese)三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析
Technology summary (In Japanese)高度好塩性古細菌Halobacterium salinarumは細胞膜に光駆動型アニオンポンプであるハロロドプシン(hR)を有している。光照射によりhRは塩化物イオンを細胞内へ取り込み,生じた膜内外の膜電位はATP合成酵素によるATP合成に利用される。Haloarcula japonica TR-1株は三角形平板状の形態を有する高度好塩性古細菌である。本研究では,Ha.japonicaのhR様蛋白質をコードする遺伝子のクローニングを行い,その塩基配列を決定した。さらに,hR様蛋白質遺伝子の発現様式を明らかにした。本菌hR様蛋白質遺伝子は828ヌクレオチドのオープンリーディングフレームからなり,276アミノ酸をコードしていた。本菌hR様蛋白質はchRファミリーに属すると考えられた。hR様蛋白質遺伝子の発現様式は,高度好塩性古細菌に由来するいずれのイオンポンプのものとも異なり,光照射によってのみ,転写が活性化されることが明らかとなった。
Research field
  • Structure and chemistry of genes
  • Transport of cell membrane
  • Microorganism physiology in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)八波 利恵,青野 重利,中村 聡. 三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.38 - 38.

PAGE TOP