Top > Search Research paper > (In Japanese)ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応

(In Japanese)ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応

Research report code R000000407
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)杉山 浩康
  • (In Japanese)八手又 詩穂
  • (In Japanese)森屋 芳洋
  • (In Japanese)佐々木 沙織
  • (In Japanese)ホセイン モハメド
  • (In Japanese)林 永寿
  • (In Japanese)松本 和子
Affiliation
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)早稲田大学理工学部
Report name (In Japanese)ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応
Technology summary (In Japanese)2つの硫黄またはセレンからなるジカルコゲニド配位子で架橋されたRu(III)2核錯体はケトンのケト位やアルケンのアリル位のC-H結合を活性化したC-S結合を生成することが見出されている。これらのC-H結合が二重結合性を持つS=S結合に付加する形でC-SとS-H結合が新たに生成しシェーマ1中のIのような中間体ができるものと考えられている。今回は基質をメチレンシクロアルカンまで拡張し,1置換アルケンとの反応を比較し,立体的な影響について調べた。反応の多様性がみられるものの,いずれの場合もアリル位のC-H活性化を鍵とする反応として捉えることができ,この過程が最も本質的で重要である。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000407_01SUM.gif R000000407_02SUM.gif R000000407_03SUM.gif
Research field
  • Molecular compounds
  • Alkenes
  • Cyclohexanes
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)杉山 浩康,八手又 詩穂,森屋 芳洋,佐々木 沙織,ホセイン モハメド,林 永寿,松本 和子. ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.42 - 42.

PAGE TOP