Top > Search Research paper > (In Japanese)ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定

(In Japanese)ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定

Research report code R000000413
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)小畠 誠也
  • (In Japanese)武藤 佳史
  • (In Japanese)入江 正浩
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究院
Report name (In Japanese)ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定
Technology summary (In Japanese)溶液中でのジアリールエテンには光反応活性なアンチパラレル型と光反応不活性なパラレル型のコンフォメーションが存在し,吸収した光の半分が反応に使われず失活するため,光閉環反応量子収率は0.5以上にはならない。結晶状態では,ジアリールエテンは光反応活性なアンチパラレル型のみに固定されており,高い量子収率が期待される。本研究では,ジアリールエテン結晶の光閉環・光開環反応量子収率の測定を行い,溶液中での値と比較検討した。結晶状態での光閉環反応量子収率は溶液中での値の約2倍となり,高い量子収率が得られた。光開環反応量子収率はほぼ同程度,2ではヘキサン中に比べて結晶状態で大きくなる値となった。開環体結晶格子中での閉環体分子の安定性が光開環反応量子収率に影響しているものと思われる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000413_01SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Five‐membered heterocyclic compounds in general
  • Mechanical properties of polymer solids
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)小畠 誠也,武藤 佳史,入江 正浩. ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.48 - 48.

PAGE TOP