Top > Search Research paper > (In Japanese)単結晶フォトクロミズムの反応機構

(In Japanese)単結晶フォトクロミズムの反応機構

Research report code R000000417
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)小畠 誠也
  • (In Japanese)Thorsten Lifka
  • (In Japanese)入江 正浩
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究院
Report name (In Japanese)単結晶フォトクロミズムの反応機構
Technology summary (In Japanese)結晶状態では,分子が固定され特定の反応のみ選択的に起こるため,高い量子収率が期待され,また繰り返し耐久性も高くなる。本研究では,単結晶フォトクロミズムの反応機構を明らかにすることを目的として,1,2-ビス(2-メチル-5-フェニル-3-チエニル)ペルフルオロシクロペンテン誘導体の光閉環・光開環反応性を検討した。単結晶1a,2aおよび3aはヘキサンから再結晶して得た。無色の結晶1a,2aおよび3aに紫外光を照射すると,青色に着色した。可視光照射により元の無色の結晶へと戻った。着色した結晶の偏光吸収スペクトルを測定すると吸収に異方性が観察され,結晶状態で反応が進行していることが確認された。単結晶の光閉環反応および光開環反応の温度依存性を測定し,光反応励起状態での活性化エネルギーを決定した。1の単結晶のフォトクロミズムのエネルギーダイアグラムは図1のようになった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000417_01SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Cyclopentanes
  • Structure and morphology of polymer solids
Published papers related (In Japanese)(1)M.Irie, T. Lifka, S. Kobatake, N. Kato, J. Am. Chem. Soc., 122, 4871-4876 (2000)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)小畠 誠也,Thorsten Lifka,入江 正浩. 単結晶フォトクロミズムの反応機構. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.50 - 50.

PAGE TOP