Top > Search Research paper > (In Japanese)ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御

(In Japanese)ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御

Research report code R000000418
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)入江 正浩
  • (In Japanese)松田 建児
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究院
Report name (In Japanese)ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御
Technology summary (In Japanese)フォトクロミック分子を磁気的相互作用のカップラーとして用いると,磁性の光スイッチングが可能となる。これまでに我々はニトロニルニトロキシドを2個,ジベンゾチエニルエテンに配したジラジカルを合成し,フォトクロミック反応性,磁性のスイッチングについて報告してきた。今回は,π共役系の長さを調節することにより,スイッチングをESRを用いて検出することに成功した。開環体1aは313nmの紫外光により閉環体1bに,1bは578nmの可視光で1aにそれぞれ変換され,可逆なフォトクロミズムを示した(図1)。分取した閉環体との比較により,光定常状態での変換率は99%であることが分かった。フォトクロミズムに伴うESRスペクトル変化を追跡した(図2)。スペクトルのシミュレーションの検討により,開環体と閉環体とで2桁程度交換相互作用の変化があることが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000418_01SUM.gif R000000418_02SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Five‐membered heterocyclic compounds in general
  • Mechanical properties of polymer solids
Published papers related (In Japanese)(1)M. Irie, Ed. Chem. Rev. 2000, issue 5, thematic issue on “Photochromism: Memories and Switches”.
(2)K. Matsuda and M. Irie, Chem. Lett. 2000, 16.
(3)K. Matsuda and M. Irie, J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 7195.
(4)K. Matsuda and M. Irie, J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 8309.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)松田 建児,入江 正浩. ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.51 - 51.

PAGE TOP