Top > Search Research paper > (In Japanese)コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移

(In Japanese)コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移

Research report code R000000420
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)内田 欣吾
  • (In Japanese)川居 裕司
  • (In Japanese)入江 正浩
Affiliation
  • (In Japanese)龍谷大学理工学部
  • (In Japanese)龍谷大学理工学部
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)龍谷大学理工学部
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究院
Report name (In Japanese)コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移
Technology summary (In Japanese)光により可逆的に異性化反応を示すジアリールエテンにコレステロール置換基を導入した。この誘導体を,液晶にドープし,光照射により相変化を励起させることを試みた。ベンゾチオフェンをアリル基とするジアリールエテンの6,6'-位にカルボン酸基を導入し,これにコレステロールを脱水縮合によりエステル結合を生成させて導入した。このようにして合成したジアリールエテン1aのヘキサン溶液に紫外光を照射すると1bに由来する紫色に着色し,可視光でもとの無色の1aを再生するフォトクロミズムを示した。この化合物をネマチック液晶K-15に導入すると,液晶にコレステリック相に特徴的なフィンガーパターンを示した。これに紫外光を照射すると,フィンガーパターンは壊れネマチック相となった。更に可視光を照射すると元のコレステリック相を再生した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000420_01SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Five‐membered heterocyclic compounds in general
  • Mechanical properties of polymer solids
Published papers related (In Japanese)(1)K. Uchida, Y. Kawai, Y. Shimizu, V. Vill, M. Irie, Chem. Lett., 2000, 654.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)内田 欣吾,川居 裕司,入江 正浩. コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.52 - 52.

PAGE TOP