Top > Search Research paper > (In Japanese)ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御

(In Japanese)ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御

Research report code R000000422
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)大須賀 篤弘
  • (In Japanese)藤兼 大輔
  • (In Japanese)新森 英之
  • (In Japanese)小畠 誠也
  • (In Japanese)入江 正浩
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)九州大学大学院工学研究院
Report name (In Japanese)ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御
Technology summary (In Japanese)ジアリルエテンは,そのフォトクロミック挙動に伴い,2つの異性体間でその電子状態を大きく変化させることが知られている。開環体では共役は事実上切断されているが,ジアリルエテン閉環体は,結合したドナーとアクセプターと共役することが可能で,しかもHOMOの上昇とLUMOの低下により超交換相互作用による電子相互作用も大きくなると期待できる。そこで架橋部にジアリルエテンを持つポルフィリン二量体を合成し,その架橋部の異性化による分子内エネルギー移動の制御について検討した。今回,架橋部とポルフィリンの間にそれぞれ異なるスペーサー構造を持つモデル1-6を合成した。異性化可能な化合物4について,その両異性体それぞれのビス亜鉛錯体・モノ亜鉛錯体を単離し,蛍光寿命を測定した。その結果,化合物4のモノ亜鉛錯体では,亜鉛ポルフィリンからフリーベースポルフィリンへの励起エネルギー移動速度は架橋部の異性化によって変わらないことが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000422_01SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Mechanical properties of polymer solids
Published papers related (In Japanese)(1) A. Osuka, D. Fujikane, H. Shinmori, S. Kobatake, M. Irie. J. Org. Chem. 2001, 66, 3913,
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)大須賀 篤弘,藤兼 大輔,新森 英之,小畠 誠也,入江 正浩. ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.53 - 53.

PAGE TOP