Top > Search Research paper > (In Japanese)超分子ポルフィリンアレーの合成とナノテクノロジーへの展開

(In Japanese)超分子ポルフィリンアレーの合成とナノテクノロジーへの展開

Research report code R000000423
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)津田 明彦
  • (In Japanese)大須賀 篤弘
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)超分子ポルフィリンアレーの合成とナノテクノロジーへの展開
Technology summary (In Japanese)メゾ-メゾ結合ポルフィリン多量体は立体的な込み合いの小さなメゾ位を有する5,15-ジアリールZn-ポルフィリンをCHCl3中AgPF6により一電子酸化することによって得ることができる。生成した多量体の反応性は出発モノマーと比較してほぼ変化がないため容易に更なる多量化反応を行うことができ,その多量化をステップワイズに行うことによって,現在,我々はメゾ-メゾ結合ポルフィリン128量体の合成に成功している。またDMAのような添加剤の存在下においてメゾ-メゾ結合ポルフィリンポリマーを与えることも分かった。最近,強力な酸化剤による金属ポルフィリンの酸化反応が2種の縮環ポルフィリン多量体を与えていることを報告した。その知見に基づいて種々の酸化反応を検討したところ,二重縮環ポルフィリン多量体を高収率に得られることを明らかにした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000423_01SUM.gif
Research field
  • Optical transmission devices
  • Optical effects
  • Photochemistry in general
  • Mechanical properties of polymer solids
Published papers related (In Japanese)(1)A. Osuka, H. Shimidzu, Angew. Chem. Int. Ed. Engel. 1997, 36, 135.
(2)N. Aratani, A. Osuka, Y.H. Kim, D.H. Jeong, D. Kim, Ahgew, Int. Ed. 2000, 39, 1458.
(3)N. Yoshida, N. Aratani, A. Osuka, Chem. Commun., 2000, 197.
(4)A. Tsuda, A. Nakano, H. Furuta, H. Yamochi, A. Osuka, Angew, Chem., Int. Ed. 2000, 39, 558.
(5)A. Tsuda, H. Furuta, A. Osuka, Angew. Chem.,Int. Ed. 2000, 39, 2549.
(6)A. Tsuda, A. Osuka, Science 2001, 293, 79
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)津田 明彦,大須賀 篤弘. 超分子ポルフィリンアレーの合成とナノテクノロジーへの展開. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.53 - 53.

PAGE TOP