Top > Search Research paper > (In Japanese)超臨界二酸化炭素中におけるアミン類からのカルバミン酸誘導体の合成

(In Japanese)超臨界二酸化炭素中におけるアミン類からのカルバミン酸誘導体の合成

Research report code R000000433
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)鈴木 智之
  • (In Japanese)榧木 啓人
  • (In Japanese)碇屋 隆雄
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学大学院理工学研究科
Report name (In Japanese)超臨界二酸化炭素中におけるアミン類からのカルバミン酸誘導体の合成
Technology summary (In Japanese)超臨界流体はその特異な物性に基づき,高速かつ高選択的分子触媒反応を実現する反応場として期待されている。これまで,高分解能超臨界流体NMR装置を用いて超臨界二酸化炭素中における二酸化炭素とアミン類の反応を追跡し,N,N-ジアルキルカルバミン酸の生成を観測した。今回,NMR研究で得た知見を基に超臨界二酸化炭素中におけるアミン類と二酸化炭素を基質とする合成反応を検討した(図1)。図2のように,超臨界二酸化炭素に可溶なルテニウム触媒が触媒として有効であり,二酸化炭素圧75atm,80℃下でフェニルアセチレンとジエチルアミンから,対応するZ体のカルバミン酸ビニルエステルが収率よく得られた。アセトニトリル中の反応に比べ,アセチレンの二量体によるエンイン体の生成が抑制され,カルバミン酸エステルの選択性が向上した。超臨界二酸化炭素中において,高濃度にカルバミン酸が生成することにより,本触媒反応の高効率化が実現されたと考えられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000433_01SUM.gif R000000433_02SUM.gif
Research field
  • Aliphatic hydroxylamines, hydrazines and other polynitrogen compounds
  • Polymer carrier, catalytic reaction
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)鈴木 智之,榧木 啓人,碇屋 隆雄. 超臨界二酸化炭素中におけるアミン類からのカルバミン酸誘導体の合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.62 - 62.

PAGE TOP