Top > Search Research paper > (In Japanese)かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築

(In Japanese)かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築

Research report code R000000438
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)久保田 康生
  • (In Japanese)藤田 誠
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築
Technology summary (In Japanese)分子不斉を有するカプセル状化合物は内部空間に不斉空間を作り出すことから光学的分割剤,不斉触媒,分子素子などへの機能化が期待されている。AB2型三座配位子と2価Pd錯体から,系中に存在するゲスト分子の形状に合わせて非対象型ホスト構造が定量的に自己集合することを見出した。本系において,光学活性な平面状ゲスト分子を内蔵した場合,上記ホストのジアステレオマー対が選択的に生成して誘起CDが観察された。このことから,同ホストはP体,M体の不斉分子を有することが示唆された(図1)。また,誘起CD強度は温度によって変化しホストの骨格に由来するコットン効果は温度に依存して変化することが分かった(図2)。また,光学活性なゲストを内包したホストにメタノールを添加してホストを洗い出した場合,そのラセミ化には相当の時間が必要であることから,本ホストは分子不斉情報を記憶する不斉メモリーとして機能していることが分かった(図3)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000438_01SUM.gif R000000438_02SUM.gif R000000438_03SUM.gif
Research field
  • Configuration and conformation of molecules
  • Platinum family element complexes
  • Molecular compounds
  • Stereochemistry of organic reaction
Published papers related (In Japanese)(1)Hiraoka, S.: Fujita, M. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 10239
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)久保田 康生,藤田 誠. かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.68 - 68.

PAGE TOP