Top > Search Research paper > (In Japanese)自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成

(In Japanese)自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成

Research report code R000000440
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)堀 顕子
  • (In Japanese)赤坂 彰彦
  • (In Japanese)藤田 誠
  • (In Japanese)山口 健太郎
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)千葉大学分析センター
Research organization
  • (In Japanese)千葉大学分析センター
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成
Technology summary (In Japanese)化学構造を介さずにリング状に連結された環状化合物(カテナン)の合成について述べた。このような結合様式は新規な構造として期待が持たれている。本研究においては,新規配位子及び2価貴金属錯体[(en)MNO3)2](ここでM=Pd,Pt)からのカテナンの合成を研究した。N原子含有複素環化合物の配位子の中心部は二重螺旋的に互いに認識し合ってカテナンを形成すことが動力学的計算から予測できた。図1の1a及び2aは速い平衡系にあるが,非極性溶媒中では1aに,極性溶媒中では2aに収束した。この平衡は濃度依存性があり,高濃度では2aの割合が高くなった。また,1H-NMR,19F-NMR解析によると,カテナン化の際にヘリカル不斉が生じているものと想定された。更に,極性溶媒中では3の構造の約60%がカテナン化によって二量化し,濃度が高くなるとカテナンのポリマ化が進行したと思われる白色沈殿物が析出することが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000440_01SUM.gif
Research field
  • Crystal structure of polymers
  • NMR of organic compounds
  • Platinum family element complexes
  • Aromatic monocyclic halogen compounds
  • Polymerization in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)堀 顕子,赤坂 彰彦,藤田 誠,山口 健太郎. 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.69 - 69.

PAGE TOP