Top > Search Research paper > (In Japanese)種々のディメンジョンの格子空間を有する配位重合体

(In Japanese)種々のディメンジョンの格子空間を有する配位重合体

Research report code R000000443
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)Kumar Biradha
  • (In Japanese)藤田 誠
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)種々のディメンジョンの格子空間を有する配位重合体
Technology summary (In Japanese)4,4-ビピリジン(1)などの線状構造を有する配位子を用いた配位重合体の結晶構造については,各種の研究がなされている。1991年に,配位子1は10×10オングストロームのディメンションを有する四角状の格子空間を有する配位重合体を形成することが判明した。本報においては,一連のより高次なアナログ構造(2~4)の化合物についての配位重合体について研究し,格子空間のディメンションを広げる検討を行った(図1)。これらの化合物に金属塩を加えてネットワーク構造を形成させると,10×15,10×20,15×15,15×20,20×20オングストロームの格子空間のディメンションが得られた。また,これらの空間は大きくて均一なカラム状であり,各種のゲスト分子を挿入することが可能であった。直角構造の空間を持つ場合にはゲスト分子はネットワーク内を貫通した挿入が必要となる。これらの格子空間の形成,結晶構造解析,各種物性などの特性化について報告した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000443_01SUM.gif
Research field
  • Crystal structure of heterocyclic compounds
  • Platinum family element complexes
  • Molecular compounds
  • Effects on organic reaction
  • Pyridines
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)Kumar Biradha,藤田 誠. Coordination Polymers Containing Grids of Various Dimensions. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.70 - 70.

PAGE TOP