Top > Search Research paper > (In Japanese)ポルフィリンプリズムの定量的自己集合

(In Japanese)ポルフィリンプリズムの定量的自己集合

Research report code R000000446
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)藤田 典史
  • (In Japanese)藤田 誠
  • (In Japanese)坂本 茂
  • (In Japanese)山口 健太郎
Affiliation
  • (In Japanese)総合研究大学院大学
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)千葉大学分析センター
  • (In Japanese)千葉大学分析センター
Research organization
  • (In Japanese)総合研究大学院大学
  • (In Japanese)名古屋大学大学院工学研究科
  • (In Japanese)千葉大学分析セ
Report name (In Japanese)ポルフィリンプリズムの定量的自己集合
Technology summary (In Japanese)光合成活性中心やヘモグロビンなどの生体内におけるエネルギー移動・貯蔵,電子移動,可逆的酸素吸着などの機能で重要な役割を果たすポルフィリン(2)と,2価のPd錯体(1)との自己集合を検討した(図1)。その結果,(1)6(2)3の組成を持つプリズム型錯体(3)が定量的に自己集合することが明らかとなった。その構造はNMR,ESI-MS,X線構造解析によって実施した。ポルフィリン環に囲まれた疎水的な内部空間は種々の有機分子を包接できる。例えば,ピレン分子はプリズム型錯体中に効率的に取り込まれ1:1の包接錯体を形成した。解析の結果,ホスト分子の構造の変化が誘起され,その対称性が低下していることが確認された。この対称性の変化はピレンを包接するときにPy-Pd-Pyの配座が1枚のポルフィリン環の対面2箇所で反転していることが示唆された(図2)。一方ピレン分子は元の対称性は失っておらず,空孔内部で高速回転していると思われた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000446_01SUM.gif R000000446_02SUM.gif
Research field
  • Platinum family element complexes
  • Molecular compounds
  • Condensed tetra‐or more‐cyclic carbocyclic compounds
  • Thiophenes
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)藤田 典史,藤田 誠,坂本 茂,山口 健太郎. ポルフィリンプリズムの定量的自己集合. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.72 - 72.

PAGE TOP