Top > Search Research paper > (In Japanese)「ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓」に関する研究

(In Japanese)「ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓」に関する研究

Research report code R000000449
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)田中 正人
Affiliation
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
Research organization
  • (In Japanese)経済産業省 産業技術総合研究所(旧物質工学工業技術研究所)
Report name (In Japanese)「ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓」に関する研究
Technology summary (In Japanese)ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓についてまとめた。分子レベルでの金属錯体の反応性の研究が比較的少ないヘテロ原子(周期律表13族から17族に属する原子)を含む物質群について,結合開裂,生成挙動を検討し,新規な触媒反応,生理活性物質,重合反応,高分子化合物の開発を目的とした。具体的内容として,
1)13族(ホウ素)化合物の活性化に関する研究(図1),
2)14族(Sn,Pb)カルゴゲニド類のクリーンな合成法の開発(図2),
3)有機りん化合物の合成反応,
4)スタニルカルバモイレーション反応に関する研究,
5)ビスマス化合物の反応性に関する研究,
6)ヒドロシランの反応性に関する研究,
7)高配位オリゴシランの合成及び誘導体に関する研究,
8)異種ヘテロ原子の協同作用に基づく反応の開拓(図3),
の8項目について概略を説明した。また,今後の方針としては,開拓した反応の一般性の確認,5配位Siの機能,各種高機能高分子前駆体の利用などを行う。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000449_01SUM.gif R000000449_02SUM.gif R000000449_03SUM.gif
Research field
  • Coordination compounds in general
  • Heterocyclic compounds in general
  • Organo‐metalloid compounds in general
  • Polymer chemistry in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)田中 正人. 「ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓」に関する研究. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.75 - 77.

PAGE TOP