Top > Search Research paper > (In Japanese)超臨界流体を用いた反応の制御と新反応の開拓

(In Japanese)超臨界流体を用いた反応の制御と新反応の開拓

Research report code R000000458
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)梶本 興亜
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)超臨界流体を用いた反応の制御と新反応の開拓
Technology summary (In Japanese)様々な状況下(温度・密度・流体の種類など)で超臨界流体中の反応分子の溶媒和の様子を探り,溶媒和をコントロールすることによって反応そのものを制御することを目的に研究に着手した。超臨界水中での反応においては,中性分子の溶媒和は,溶質-溶媒間の分子間相互作用と水同士の水素結合による相互作用のバランスで決まると考えられた。水が加水分解反応や熱分解と思われる反応において,どのような働きをしているかを系統的に調べた結果,2-フェニルプロピオン酸メチルエステルの分解反応において,イオン機構とラジカスル機構の寄与の割合が超臨界水密度に依存していた(図1)。また,図2に示すように,ビフェノールAのC-C結合が開裂する反応において,亜臨界領域の水の関与を認めた。次に,超臨界水のような,高温高圧実験を行うための実験装置として,通常の常温用分光器の測定室にはめ込んで高温高圧状態の吸収スペクトルが観測できるセルを開発し,図3に示した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000458_01SUM.gif R000000458_02SUM.gif R000000458_03SUM.gif
Research field
  • Optical instruments and techniques in general
  • Solution theory in general
  • Reaction kinetics and catalyst in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)梶本 興亜. 超臨界流体を用いた反応の制御と新反応の開拓. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.83 - 85.

PAGE TOP