Top > Search Research paper > (In Japanese)超臨界水中モデル過程のNMRおよび計算機シミュレーションによる解析

(In Japanese)超臨界水中モデル過程のNMRおよび計算機シミュレーションによる解析

Research report code R000000459
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)松林 伸幸
  • (In Japanese)中尾 奈穂子
  • (In Japanese)若井 千尋
  • (In Japanese)中原 勝
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学化学研究所
  • (In Japanese)京都大学化学研究所
  • (In Japanese)京都大学化学研究所
  • (In Japanese)京都大学化学研究所
Research organization
  • (In Japanese)京都大学化学研究所
Report name (In Japanese)超臨界水中モデル過程のNMRおよび計算機シミュレーションによる解析
Technology summary (In Japanese)超臨界水中で起きる化学過程を制御するためには,現実に起きる過程の要素となる単純なモデル過程についての理解が必須である。本報告では,静的な立場と動的な立場の両方から1つずつのモデルを取り上げた。静的な立場からは,超臨界水中の無機性溶質の相互作用としてSPC/E水中での2メタン分子間の会合・解離を検討した(図1)。また,動的な立場からは,超臨界水中の回転ダイナミクスとして重水のNMR T1測定を行ない,ルジャンドル2次のO-D軸の回転相関時間τ2Rを決定した(図2)。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000459_01SUM.gif R000000459_02SUM.gif
Research field
  • NMR of other inorganic compounds
  • Solution theory in general
  • Alkanes
Published papers related (In Japanese)(1)N.Matubayasi and M.Nakahara J.Chen Phys.112 8089-8109(2000)
(2)N.Matubayasi and M.Nakahara J.Phys Chen B104 10352-10358(2000)
(3)N.Matubayasi N.Nakao,and M.Nakahara J.Chen. Phys.114 4107-4115(2001)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)松林 伸幸,中尾 奈穂子,若井 千尋,中原 勝. 超臨界水中モデル過程のNMRおよび計算機シミュレーションによる解析. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.86 - 86.

PAGE TOP