Top > Search Research paper > (In Japanese)超臨界水中でのNi2+イオンの溶媒和

(In Japanese)超臨界水中でのNi2+イオンの溶媒和

Research report code R000000460
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)梶本 興亜
  • (In Japanese)岡田 一夫
  • (In Japanese)網田 富士嗣
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院理学研究科
Report name (In Japanese)超臨界水中でのNi2+イオンの溶媒和
Technology summary (In Japanese)超臨界水中におけるNi2+の溶媒和状態について,溶媒和分子の作る配位子場を敏感に反映するd-d遷移を光吸収スペクトルで観測することにより調べた。400度の一定温度下において密度を変化させた時の光吸収スペクトルの変化を図1に示した。22000cm-1付近にピークを持つ吸収帯(A)と,18500cm-1付近にピ-クを持ち,17000cm-1付近にショルダーを持つ吸収帯(B)が見られた。常温常圧下から臨界状態までスペクトルの変化を追跡することにより,吸収帯(A)は常温常圧下での[Ni(H2O)6]2+が持つ3A2(F)→3T1(P)吸収帯が連続的に変化したものであることが分かった。配位子の置換および温度上昇により低エネルギー側へシフトした6配位の[NiBr(H2O)5]+によると考えられる。吸収帯(B)は350度以上の温度でのみ出現するものであり,吸収帯の位置から4配位のNi2+,おそらく[NiBr2(H2O)2]および[NiBr(H2O)3]+によるものと考えられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R000000460_01SUM.gif
Research field
  • Visible and ultraviolet spectra of inorganic molecules
  • Electrolytic aqueous solutions
  • Molecular compounds
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)岡田 一夫,網田 富士嗣,梶本 興亜. 超臨界水中でのNi2+イオンの溶媒和. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.86 - 86.

PAGE TOP